民事信託、相続登記手続、遺言書作成、新築・中古不動産売買
に基づく不動産登記、成年後見業務に力を入れております。

廣森司法書士事務所logo
吹田市の司法書士事務所 廣森司法書士事務所連絡先

〒564-0052 大阪府吹田市広芝町9-12 第11マイダビル4F
(御堂筋線・北大阪急行 江坂駅 徒歩3分)

あなたの良さを表す「キラーワード」は紹介の時の言葉に隠されています!?

毎度です

不動産営業出身 大阪・吹田市の

FP(ファイナンシャルプランナー)兼

司法書士 廣森良平です。

 

 

本日はお客様の声をご紹介します。

 

 

 

ご相談内容は


夫がお亡くなりになられて、

 

夫の負債と

 

自宅の相続による名義変更、

 

団体信用生命保険により、


住宅ローンが無くなった事例です。

 

 

  ↓アンケートの写真です↓

 annke-to

 

上記写真Q2の

 

「何がきっかけで司法書士廣森をしりましたか?」

 

という質問に

 

「友達の紹介」とあります。

 

 

 

いつもお世話になっているSS木さん、


ご紹介ありがとうございます。

 

 

 

 

 

ちなみに、


紹介で依頼が来た時に、


紹介した人もしくは紹介された人と仲良くなった際に、


私はいつも聞くことがあります。

 

 

 

 

それは、


「どういう風に、具体的に言うと何と言って、紹介しましたか?」


もしくは


「どういう風に、具体的に言うと、何と言って紹介されましたか?」


とお聞きします。

 

 

 

 

すると、今回、SS木さんから


「司法書士の先生って感じせーへんけど、


 良い司法書士の先生がおるねん!」


と相談者の方に私を紹介されたそうです。

 

 

 

 

 

なぜ、私がこの言葉を聞くかと言うと、

 

自分自身には気づいていない、

 

私を良い部分表現する

 

「キラーワード」

 

が隠されているのではないか?

 

と思ったからです。

 

 

 

 

 

となると、今回のキラーワードは

 

「司法書士の先生って感じがしない司法書士」

 

もっと、翻って解釈すると

 

「士業にありがちな敷居の高さを感じさせない」

 

という事になるのではないか?

 

と自分自身、都合良く解釈しています。(笑)

 

 

 

 

ところで、実は、私、

 

「廣森さんって、司法書士って感じしないですね!」

 

と言われるのが、物凄い嬉しいのです。

 

 

 

 

理由は、

 

「私の理想の司法書士像」

 

というものがあります。

 

 

 

 

それは

 

「士業にありがちな敷居が高いという感じがせず、

 

 いざ仕事をするとなると何事も無かったように、 

 

 仕事を完璧に終わらせる」のが、

 

私の理想の司法書士像なのです。

 

 

 

 下の写真のQ4とQ5に注目↓

 お客様の声Q4Q5

 

上記写真Q4の

 

「何が決めてとなって司法書士の廣森に相談依頼しましたか」

 

という問いには、

 

「とても親切で適格なアドバイスが頂けると聞いたから。

 

 それと知らない司法書士さんに頼むと

 

 どれくらいの費用がかかるかのかと不安だった為、

 

 知り合いの紹介だと安心だったので。」

 

との事です。

 

 

 

さて、Q4で分かる事は、

 

士業というものは紹介が本当に大事と言う事、

 

そして相談依頼される方は本当に

 

「一体費用をいくら請求されるのか?」

 

という事を常々心配しているという事が

 

見て取れます。

 

 

 

 

なので、

 

当事務所は「〇〇円~」という報酬設定はせず、

 

全て個別具体的な内容であり、

 

確定的な金額を設定しています。

 

 

 

 

つまり、

 

料金体系で「〇〇円~」という設定は

 

一切しておりません!

 

 

 

 

そして、上記写真Q5 

 

「実際に相談依頼していかがですか?」

 

という問いには、

 

「とっても良くして頂けて本当に廣森さんに頼んで良かった。

 

 また、困った時は相談したいと思います。」

 

との事です。

 

 

 

 

さて、

 

Q5で注目する点は

 

「廣森先生」と記載せずに、

 

「廣森さん」と記載されている点

 

です。

 

 

 

 

 

つまり、

 

紹介者の方も依頼者の方も

 

私の事を「敷居の高さを感じさせない人」

 

と思って頂けたんではないか?

 

と自分自身、勝手に都合よく解釈しております。

 

 

 

 

A・M様

 

 

この度は、

 

実務的にも非常に勉強になり、

 

本当にありがとうございました。

 

 

今後とも、よろしくお願い申し上げます。

 

 

以上
不動産法務・不動産実務・不動産登記に特化した

不動産業界出身司法書士兼

ファイナンシャルプランナー(FP)の廣森でした。