民事信託、相続登記手続、遺言書作成、新築・中古不動産売買
に基づく不動産登記、成年後見業務に力を入れております。

廣森司法書士事務所logo
吹田市の司法書士事務所 廣森司法書士事務所連絡先

〒564-0052 大阪府吹田市広芝町9-12 第11マイダビル4F
(御堂筋線・北大阪急行 江坂駅 徒歩3分)

負債でお悩みの方は、まずは市の無料法律相談会に行って下さい!!

毎度です

不動産営業出身 大阪・吹田市の

FP(ファイナンシャルプランナー)兼

司法書士 廣森良平です。

 

 

本日もお客様の声をご紹介いたします。

 

 

 

相談内容は「債務整理」です。

 

 

 

依頼のきっかけは「市の法律相談」です。

 

  ↓そのアンケート写真↓

アンケート債務整理

 

ご夫婦で数社から多額の負債があり、

 

精神的にも肉体的にも追い込まれてしまい

 

憔悴しきっていた感じでした。

 

 

 

 

しかし、

 

債権者多数で多額の負債があり、

 

一見「破産手続きかな?」と思いましたが、

 

利息制限法に引き直すと

 

過払い金が発生していた状態です。

 

 

 

 

 

そこで、過払い金を速やかに回収し、

 

他の借入れや保証債務を返済し、

 

夫婦ともに負債は全て無くなり、

 

挙句の果てには、手元にいくばくかのお金が

 

残った状態になりました。

 

 

 

とても、感謝感激して頂きました。

 

  

 

アンケート一番下のQ5に注目↓

アンケート債務整理Q5

 

Q5の実際に相談・依頼していかがですか?という問いに、

 

「気持ちがおちつき、毎日がすがすがしい日でした。

 

 本当にありがとうございました。」

 

との事です。

 

 

 

 

さて、

 

昨日紹介したブログの

 

アホ社長再生プロモーター板坂裕治郎さんは

 

何年間もブログを毎日更新しているそうですが、

 

それには理由があるそうです。

 

 

 

 

 

それは、

 

裕治郎さんの周り仕事仲間で

 

事業資金が行き詰り、

 

借金苦で自殺した人が

 

何人もいるとの事だそうです。

 

 

 

 

しかも、

 

全て1000万円にも満たないはした金のために、

 

全員、自分で自分の命を絶ったそうです・・・。

 

 

 

 

そこで、事業に失敗したり、事業資金の借金苦で、

 

これ以上、自殺する人をこの世から出さないために、

 

中小零細企業に特化した経営コンサルタントになり、

 

自分の志をブログで何年間も何年間も

 

発信続けているのだそうです。

 

 

 

 

そして、裕治郎さんのブログを見た、

 

事業に行き詰った中小零細企業の社長が

 

全国から裕治郎さんの門を叩きにくるそうです。

 

 

 

 

ここで、自分自身に置き換えると、

 

以前ヤミ金からの借金を苦に

 

大阪府八尾市の老夫婦が

 

線路に飛び込み自殺を図った事件がありました。

 

 

 

 

そのニュースを見て思った事は

 

「なんで、俺のところに相談にけーへんかってん!」

 

「おれの所でなくても、

 

 なんで近所の司法書や弁護士に

 

 相談に行かへんかってん!」

 

と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

負債でにっちもさっちも行かない状態になっている皆さん!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すぐにお近くの

 

司法書士や弁護士といった専門家に

 

ご相談に行って下さい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

四の五の言う必要はありません!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

取りあえず、すぐに行って下さい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絶対に、

 

皆さんのお役にたってくれると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、もう一度、

 

家族とのやすらぎ を取り戻して下さい。

 

 

 

 

法律の専門家に相談に行くのは、

 

少し敷居が高い感じがしますが、

 

今はそうではありません。

 

 

 

 

自分で探す事が出来なければ、

 

役所に問い合わせすれば、

 

無料法律相談会も実施しております。

 

 

 

 

なので、

 

専門家に相談をする

 

「ちょっとした勇気だけ」

 

を出してみて下さい。

 

 

以上
不動産法務・不動産実務・不動産登記に特化した

不動産業界出身司法書士兼

ファイナンシャルプランナー(FP)の廣森でした。