民事信託、相続登記手続、遺言書作成、新築・中古不動産売買
に基づく不動産登記、成年後見業務に力を入れております。

廣森司法書士事務所logo
吹田市の司法書士事務所 廣森司法書士事務所連絡先

〒564-0052 大阪府吹田市広芝町9-12 第11マイダビル4F
(御堂筋線・北大阪急行 江坂駅 徒歩3分)

お家を買うときの契約書で一番大事な事。

毎度です

 

不動産営業出身 大阪・吹田市の

 FP(ファイナンシャルプランナー)兼

司法書士 廣森良平です。

 

 

 

不動産を売買をする時、

 

不動産売買契約書を作成しますが、

 

売買契約書には色々な取り決めがなされます。

 

 

 

その中で、やはり一番大事なのは

 

「住宅ローン特約」です。

 

 

 

 

「住宅ローン特約って、何?」

 

と思われる方もいると思うので、

 

簡単に説明すると次のとおりです。

 

 

 

 

もし、

 

買主さんがお家を買うときの

 

住宅ローンの審査が通らなかった時、

 

契約時に支払った手付金を

 

全額返してもらうためにする約束事です。

 

 

 

 

大体、この特約は入っていますが、

 

期間がタイト過ぎて、

 

思ったより審査の時間が長くかかってしまうと、

 

再度、売主さんと期日の延期の合意を

 

取り付けないとあきません。

 

 

 

 

「期日なんて少しくらい遅れてもええんちゃうん?」

 

と思う人も、もしかするといるかもしれませんが、

 

実は、1日でも送れると

 

買主さんの契約違反になります。

 

 

 

 

日本には「なんかあっても、話し合いで穏便に・・・。」

 

という風土があり、

 

「少しくらい遅れても話し合いでなんとかなる!?」

 

という感覚があるかもしれませんが、

 

契約事はそんなに甘いもんやありません。

 

 

 

 

不動産契約前の

 

不動産売買契約書や

 

重要事項説明書のチェックは

 

非常に大事な事なので、

 

いつでも不動産業界出身司法書士の廣森にご相談下さい!

 

 

以上

不動産法務・不動産実務・不動産登記に特化した

不動産業界出身司法書士兼

ファイナンシャルプランナー(FP)の廣森でした。