民事信託、相続登記手続、遺言書作成、新築・中古不動産売買
に基づく不動産登記、成年後見業務に力を入れております。

廣森司法書士事務所logo
吹田市の司法書士事務所 廣森司法書士事務所連絡先

〒564-0052 大阪府吹田市広芝町9-12 第11マイダビル4F
(御堂筋線・北大阪急行 江坂駅 徒歩3分)

田んぼや畑を売買する時に気をつけないとアカン事!? その2

毎度です

 

不動産営業出身 大阪・吹田市の

FP(ファイナンシャルプランナー)兼

司法書士 廣森良平です。

 

 

昨日の続き・・・。

 

 

さて、

 

不動産登記申請時に、

 

評価証明書に現況が農地、

 

登記簿上は雑種地(駐車場等)の時は、

 

名古屋管内の法務局では

 

農地法の許可書が要ると

 

昨日書きました。

 

 

 

 

しかし、

 

登記簿と現況に違いがあるけど、

 

ホンマはどうなん?という所が

 

今回のポイントになってきます。

 

 

 

 

そこで、

 

今回の登記申請をした不動産の管轄の

 

固定資産税課に問い合わせてみた所、

 

実際に雑種地だったら、

 

「仮の評価証明書」を発行するとの事でした。

 

 

 

次に、

 

登記申請を出している法務局に、

 

「現況が雑種地と書いている

 

 仮の評価証明書でも登記してくれるのか?」

 

と打ち合わせしたところ、、、、、、、、、、、、、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「オッケー! 」との事でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ホっ!」としました。

 

 

 

 

なんとか、

 

農地法の許可書をつけなくても、

 

移転の登記が出来そうです。

 

 

 

 

ところで、

 

大阪で司法書士をしている人で

 

名古屋管轄の登記を出す可能性が高いと言える人は、

 

ズバリ、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近鉄沿線

 

司法書士事務所を構えている人でしょう!

 

 

 

 

今回の名古屋管轄の農地法の許可書の取り扱いを知らなかった人は、

 

「垂涎の情報 だと思いますので、

 

よ~く覚えておいて下さい!

 

 

以上

不動産法務・不動産実務・不動産登記に特化した

不動産業界出身司法書士兼

ファイナンシャルプランナー(FP)の廣森でした。