民事信託、相続登記手続、遺言書作成、新築・中古不動産売買
に基づく不動産登記、成年後見業務に力を入れております。

廣森司法書士事務所logo
吹田市の司法書士事務所 廣森司法書士事務所連絡先

〒564-0052 大阪府吹田市広芝町9-12 第11マイダビル4F
(御堂筋線・北大阪急行 江坂駅 徒歩3分)

任意売却

こんばんは

 

不動産営業出身 大阪・吹田市の

FP(ファイナンシャルプランナー)兼

司法書士 廣森良平です。

 

 

先日、「住宅ローンで困っている人を助ける勉強会」に出席しました。

 

テーマは任意売却に関する事でケーススタディを元に、

自分なりのプランを考察し、そして、発表するという

能動的な研修で、非常に有意義なものでした。

 

基本的に住宅ローンの支払いが困難になると、

借換で何とかならないか、

借換がダメなら個人再生もしくは任意売却した上で

債務整理をする方法しかありません。

 

 

最近、任意売却という言葉をよく耳にします。

 

さらに、任意売却に関する資格も誕生してます。

 

ところで、任意売却を扱うのは基本的に不動産業者さんです。

 

なので、不動産業者さんは「任意売却前提」で相談に乗ってしまいがちです。

 

→理由 不動産会社も利益を上げないといけない。

 

ちなみに、司法書士や弁護士は「自己破産や個人再生」の提案しか出来ません。

 

→理由 借換に関する銀行ローンの実務に疎い。

 

そして、FP(ファイナンシャルプランナー)は借換で何とかならないかと模索します。

 

→理由 住宅ローン等、お金のプロだから。

 

つまり、私は何を言いたいかというと、

 

不動産業者さん、法律家、FP(ファイナンシャルプランナー)も、

偏った提案しか出来ないのです。

 

仕方がありません。

 

それが、限界なのです。

 

 

私も数多くの任意売却の相談を受けてきました。

 

そこで、一番大事なのは、まず、相談者の要望をじっくり聞く事です。

 

マイホームに対する思い入れ、家族の事、これからの人生をどの様に歩んで行きたいのかという事です。

 

つまり、それをするために、まず何から始めないといけないかという提案は、不動産の知識、債務整理に関する法的な知識、お金の知識を駆使してライフプランを立てるFP(ファイナンシャルプランナー)の知識が必須なのです!

 

なので、私は任意売却・法的整理・借換という3つのプランのうち、

 

1つに偏らない、その人にベストな提案をする事を常に心がけております。