民事信託、相続登記手続、遺言書作成、新築・中古不動産売買
に基づく不動産登記、成年後見業務に力を入れております。

廣森司法書士事務所logo
吹田市の司法書士事務所 廣森司法書士事務所連絡先

〒564-0052 大阪府吹田市広芝町9-12 第11マイダビル4F
(御堂筋線・北大阪急行 江坂駅 徒歩3分)

アディーレの事件について考える

毎度です!

大阪吹田市・江坂の司法書士兼

家族信託専門士 廣森良平です。

 

 

アディーレの件でまた

ヤフーニュースに出てました!

 

 

「アディーレ悪質性際立つ 

  東京弁護士会 広告の懲戒処分」

 

 

アディーレは要するに何をしたかというと、

私の知人の弁護士が言うには

以下の様な広告をしていたらしいです。

 

 

今月限定で、

     過払い金返還請求の着手金が無料になる!」

というような広告を

出していたようですね~。

 

 

ちなみに、

マーケティングを学んだ人は

よく理解していると思いますが、

一般消費者は

「限定」

という文言に弱いんだそうです。

 

 

なので、

「今月限定」という文言があれば、

一般消費者はすぐにその広告主に

申し込もうと思うわけです。

 

 

そこで、話を戻すと、

アディーレは毎月毎月、

「今月限定」

という文言を謳っていた模様です。

 

 

これって、まるで

「大阪市北区西天満にあった靴屋さん」

を思い出しました。

 

 

その靴屋さんが

どんな広告をしていたかというと

「もうあかん やめます!」と言って、

いつまでもたってもやめる気配が無かった

靴屋さんです(笑)。

 

 

結局、破産してその靴屋さん

無くなったんですけどね~

 

 

アディーレはどうなるのでしょうか?

 

 

しかし、この処分は相当キツイですよね~。

 

 

なんせ、アディーレが

平成21年から平成27年までの間で

なんと約268億円の売上を

上げてた模様です。

 

 

となると、

扱う件数も桁外れなのは

容易に想像がつきます。

 

 

つまり、

扱う件数甚大なアディーレが業務停止になると、

与える社会的影響も甚大だという事になります。

 

 

パニックです。

 

 

なので、

弁護士会も緊急対策本部

みたいなものを作っていますよね。

 

 

その受け皿の弁護士が

また悪さしない事を祈るばかりです。

 

 

そやけど、アディーレも

どうしてそんなつまらん事を

やってもうたんでしょうね~。

 

 

広告に「今月限定」と書かずに、

きちんと「8月限定!」という風に、

きちんと限定する月を

特定しておれば良かったものの・・・。

 

 

HPだったら毎月かんたんに

数字だけ変える更新は出来ますが、

もしかすると紙媒体のチラシも

打っていたのかも知れません。

 

 

つまり、

「8月限定!」というチラシを刷ってしまうと、

「9月」になると使えなくなるから、

お金と手間をケチったんでしょうね~。

 

 

一方、アディーレ側としても

「事務所の存続にかかわる業務停止処分を受ける事は、

 行為と処分の均衡を欠くものと考えます」

と言ってます。

 

 

確かに、そういう面もあると思います。

 

 

僕も「少しキツイかな~」という感じです。

 

 

そやけど、

弁護士会も相当何回も注意していたのに

アディーレも全く聞く耳持たんかったんでしょうね~。

 

 

恐らく、

弁護士会が社会的影響のある処分を、

いきなりやることは考えられないと

私は思います。

 

 

代表の石丸弁護士も

経営者やマーケッターとしては

優秀だったんでしょうが、

法律家として自分の本分

忘れていたのかも知れませんね~。

 

 

私も士業として、時に

経営者として」、

マーケッターとして」、

事務担当者として」、

経理担当者として」、

色々な役割を1人でこなしています。

 

 

それは、

3人でやっている小さな事務所だからです。

 

 

しかし、

「常に士業という本分を軸」

にしています。

 

 

それは、

司法書士倫理や司法書士法、

その他全般の法律です。

 

 

今回の件は

一般企業ならよくある話ですが、

弁護士業界ということで

色々とメチャメチャ叩かれるでしょうね。

 

 

神戸製鋼のデータ改ざん、

日産・スバルの無資格者の検査、

東芝の不正会計と比べると、

ホンマにかわいいもんなんですが・・・。

 

 

アディーレは確かに駄目ですけど、

神戸製鋼のように

和解書の内容(データ)を改ざんもしていません。

 

 

 

日産・スバルのように

弁護士無資格者が訴訟(無資格者検査)もしていません。

 

 

 

東芝のように

世界各国の投資家に

被害を与えているわけでもありません。

 

 

でも、こんな事件があると

小さくても長年コツコツやっている

司法書士事務所が

脚光を浴びるようになりますよね。

 

 

「小さくても長年コツコツ」

最高の顧客サービスだと思います。