民事信託、相続登記手続、遺言書作成、新築・中古不動産売買
に基づく不動産登記、成年後見業務に力を入れております。

廣森司法書士事務所logo
吹田市の司法書士事務所 廣森司法書士事務所連絡先

〒564-0052 大阪府吹田市広芝町9-12 第11マイダビル4F
(御堂筋線・北大阪急行 江坂駅 徒歩3分)

司法書士のイメージを一言で言うと?!その3

毎度です

 

不動産営業出身 大阪・吹田市の

FP(ファイナンシャルプランナー)兼

司法書士 廣森良平です。

 

 

前回の続き・・・

 

 

 


他士業の方にとって、司法書士は

 

「あまり残業がない」

 

イメージだそうです。

 

   そのフセンの写真↓

あまり残業がない

 

さて、

 

「あまり残業がない」

 

というイメージだそうですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、残業どころか、

 

土日も結構事務所に出ています。

 

 

 

 

 

そして、私の周りの司法書士仲間も、

 

大体、夜遅くまで仕事をしております。

 

 

 

 

 

さて、

 

ここで司法書士の生態について、

 

お話ししたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

司法書士は、裁判所、法務局に書類を提出し、

 

取引先に銀行や不動産会社、

 

登記等に必要な書類を取得するために、

 

市役所周りをしたりします。

 

 

 

 

 

 

皆様もお分かりのとおり、

 

裁判所、法務局、銀行は

 

夕方はあいておりません。

 

 

 

 

 

 

なので、

 

どういう生態になるのか?

 

 

 

 

 

 

 

それは、朝と昼は、

 

書類取得や書類提出や営業で、

 

役所や法務局や裁判所や銀行を廻ります。

 

 

 

 

 

 

しかしながら、

 

司法書士の主業務は、

 

法的書類作成、法律相談です。

 

 

 

 

 

 

なので、

 

役所や銀行が閉店した後に、

 

上記業務に取り掛かります。

 

 

 

 

 

 

よって、

 

必然的に5時以降に書類作成や溜まった仕事を

 

する事になります。

 

 

 

 

なので、

 

土日祝出勤も当り前です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがですか?

 

 

 

 

 

 

 

少しはお分かり頂けたと思います。

 

 

 

 

ベテランで昔ながらの重鎮の司法書士ならいざ知らず、

 

私の知っている周りの司法書士は、

 

結構、必死のパッチで夜遅くまで、

 

そして、土日祝も仕事をしております。

 

 

以上
不動産法務・不動産実務・不動産登記に特化した

不動産業界出身司法書士兼

ファイナンシャルプランナー(FP)の廣森でした。