民事信託、相続登記手続、遺言書作成、新築・中古不動産売買
に基づく不動産登記、成年後見業務に力を入れております。

廣森司法書士事務所logo
吹田市の司法書士事務所 廣森司法書士事務所連絡先

〒564-0052 大阪府吹田市広芝町9-12 第11マイダビル4F
(御堂筋線・北大阪急行 江坂駅 徒歩3分)

会社法や商業登記手続きは若手が断然得意としています!?

毎度です

 

不動産営業出身 大阪・吹田市の

FP(ファイナンシャルプランナー)兼

司法書士 廣森良平です。

 

 

前回、

 

破産手続きや個人再生の手続は

 

若手もしくは中堅に依頼するのがベターと書きましたが、

 

商業登記手続きも、

 

若手に依頼すると良いと思います。

 

 

 

 

理由は、

 

平成18年5月に旧商法から

 

会社法という内容に

 

法律が変わったからです。

 

 

 

 

つまり、

 

平成18年以降

 

司法書士を合格した人は旧商法ではなく、

 

会社法を勉強して試験に合格しているのです。

 

 

 

 

確かに、

 

私も会社法が施行された時は、

 

会社法の本を大量に買い込んで勉強をしました。

 

 会社法の書籍

 

上段は全て会社法の書籍です↑

 

 

 

さらに、

 

会社法の研修等にも頻繁に出席もしました。

 

 

 

 

しかし、

 

会社法を徹底的に勉強して試験に合格した人間には

 

知識で絶対に負けていると思います。

 

 

 

 

なんせ、今の若手は

 

法科大学院組が流入してくる

 

100人中2~3人しか受からない、

 

司法書士試験をパスしてきた人達です。

 

 

 

 

なので、若手は会社法と商業登記には

 

絶大な自信があると思います。

 

 

 

 

また、

 

司法書士の単位会で、

 

会社法を勉強しているチームに所属している人間も、

 

会社法や商業登記に強いのではないかと思います。

 

 

以上

不動産法務・不動産実務・不動産登記に特化した

不動産業界出身司法書士兼

ファイナンシャルプランナー(FP)の廣森でした。