民事信託、相続登記手続、遺言書作成、新築・中古不動産売買
に基づく不動産登記、成年後見業務に力を入れております。

廣森司法書士事務所logo
吹田市の司法書士事務所 廣森司法書士事務所連絡先

〒564-0052 大阪府吹田市広芝町9-12 第11マイダビル4F
(御堂筋線・北大阪急行 江坂駅 徒歩3分)

会社設立後に、絶対にしなければいけない事!?

毎度です

不動産営業出身 大阪・吹田市の

 FP(ファイナンシャルプランナー)兼

司法書士 廣森良平です。

 

 

会社設立登記後には、

 

色々としなければいけない事があります。

 

 

 

 

それは、税務署への届出です。

 

 

 

 

具体的に言うと、

 

①法人設立届書

 

②青色申告の承認申請書

 

③給与支払事務所等の開設届出書

 

④棚卸資産の評価方法の届出書

 

⑤消費税関係の届出書

 

です。

 

 

 

 

そして、届出期間は

 

会社設立から2ヶ月以内です。

 

 

 

 

 

これは、期限渡過すると

 

取り扱ってくれないので、

 

注意が必要です。

 

 

 

 

 

なので、

 

会社設立後は、

 

即座に税理士を付けることをお奨めします。

 

 

 

 

 

 

理由は、

 

素人で会計に精通した方がいるのはほとんどいないので、

 

その道のプロにお任せする方が絶対に、楽だし、

 

営業や経営に専念できるからです。

 

 

 

 

 

そして、

 

定期的に会社の計算書類を

 

税理士とチェックします。

 

 

 

 

 

ここで、

 

経営者は数字を読めるように

 

指導を受ける事をお奨めします。

 

 

 

 

 

 

理由は、

 

「数字の読めないものは、経営者ではない!」

 

と稲盛和夫さんもおっしゃられています。

 

 

 

 

 

さらに、

 

税理士で「経営コンサルタント」や

 

「マーケティングのノウハウ」

 

があれば言う事なしですよね~。

 

 

 

 

 

 

私見ですが、

 

経営コンサルタント兼税理士って、

 

絶対、売れっ子になれると思います。

 

 

 

 

 

現在、私はFP兼司法書士ですが、

 

いずれ、経営コンサルタント兼司法書士に

 

なろうと思っています。

 

 

 

 

 

たぶん、日本には

 

あまりいないのではないかと・・・。

 

 

以上
不動産法務・不動産実務・不動産登記に特化した

不動産業界出身司法書士兼

ファイナンシャルプランナー(FP)の廣森でした。