民事信託、相続登記手続、遺言書作成、新築・中古不動産売買
に基づく不動産登記、成年後見業務に力を入れております。

廣森司法書士事務所logo
吹田市の司法書士事務所 廣森司法書士事務所連絡先

〒564-0052 大阪府吹田市広芝町9-12 第11マイダビル4F
(御堂筋線・北大阪急行 江坂駅 徒歩3分)

初の商業登記ネタ!

毎度です

 

不動産営業出身 大阪・吹田市の

FP(ファイナンシャルプランナー)兼

司法書士 廣森良平です。

 

 

 

初の商業登記ネタです!

 

 

 

①会社の資本金を増やしたい、減らしたい

 

②会社を設立したい

 

③有限会社から株式会社にしたい

 

④本店を移転した

 

⑤役員が増えた・クビにした

 

⑥会社の目的や名前が変わった

 

⑦企業の経営・財務にかかわるアドバイスをしてほしい

 

という事で、

 

しなければいけない登記手続きがあります。

 

 

 

 

そこで、

 

①会社の資本金を増やしたい、減らしたいという時は

 

増資の登記・減資の登記をします。

 

 

 

②会社を設立したい時は

 

会社設立登記をします。

 

 

 

③有限会社から株式会社にしたい時は

 

組織変更の登記をします。

 

 

 

④本店を移転したときは

 

本店移転の登記をします。

 

 

 

⑤役員が増えた・クビにした時は

 

役員変更登記をします。

 

 

 

⑥会社の目的や名前が変わったときは、

 

目的変更登記・商号変更登記をします。

 

 

 

以上の①~⑥の登記は、

 

司法書士ならだれでも出来るし、

 

みんな得意です。

 

 

 

 

出来なかったら、モグリです。(笑)

 

 

 

さらに、

 

本やネットで調べ、

 

法務局の登記相談のアドバイスを受けると、

 

素人でも出来ます。

 

 

 

 

さて、

 

⑦企業の経営・財務にかかわるアドバイスをしてほしい時は、

 

司法書士でそれを出来る人は、、、、、、、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正直、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あまりおりません。

 

 

 

 

理由は、

 

会社法だけを分かっていても、

 

財務や税務などの会計的な知識がないと

 

到底、企業法務など出来ないからです。

 

 

 

 

なので、

 

⑦の企業経営・財務に関わる法律的なアドバイスをして欲しい時は

 

ネット等でそれに特化している司法書士、

 

もしくは、会計士や税理士とタッグを組んでいる

 

司法書士に頼むと良いでしょう。

 

 

以上

不動産法務・不動産実務・不動産登記に特化した、

不動産業界出身司法書士兼

ファイナンシャルプランナーの廣森でした。