民事信託、相続登記手続、遺言書作成、新築・中古不動産売買
に基づく不動産登記、成年後見業務に力を入れております。

廣森司法書士事務所logo
吹田市の司法書士事務所 廣森司法書士事務所連絡先

〒564-0052 大阪府吹田市広芝町9-12 第11マイダビル4F
(御堂筋線・北大阪急行 江坂駅 徒歩3分)

宅地建物取引士  その2

毎度です

 

不動産営業出身 大阪・吹田市の

 FP(ファイナンシャルプランナー)兼

司法書士 廣森良平です。

 

 

前回の続き・・・。

 

 

 

  ↓住宅新報の記事の写真↓

宅地建物取引士へ前進 

 

さて、宅建主任者の名前が

 

「宅地建物取引士」

 

となりそうです。

 

 

 

 

私のまわりの司法書士は

 

「名前が変わっても試験が難しくならないと意味がない」

 

言ってますが、

 

私は違う意見です。

 

 

 

 

 

 

それは、以下のとおり。

 

 

 

 

 

まずは、

 

名称変更理由に

 

公正かつ誠実に業務を行い、

 

信用失墜行為を禁止し、

 

更なる知識と能力の向上のために、

 

業界団体の強い要望

 

あったそうです。

 

 

 

 

つまり、

 

業界の動きとしては、

 

優秀で遵法精神・倫理観の伴う

 

不動産営業マンを数多く輩出し、

 

ズボラでええ加減な営業マンを

 

排除しようという動きです。

 

 

 

 

 

つまり、

 

ズボラでええ加減な営業マンには

 

退場して貰おうというのが、

 

業界の流れになると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、どうなるか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産取引というものが、

 

安全・公正・透明な取引になる事は

 

間違いありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、、、、、、、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「中古不動産流通の活性化

 

に繋がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、最終的に、、、、、、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「中古不動産売買」の不動産登記が増える」

 

というものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで私も含め、

 

若手の人にチャンスがあると思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

それについては、また次回・・・。

 

 

以上
不動産法務・不動産実務・不動産登記に特化した

不動産業界出身司法書士兼

ファイナンシャルプランナー(FP)の廣森でした。