民事信託、相続登記手続、遺言書作成、新築・中古不動産売買
に基づく不動産登記、成年後見業務に力を入れております。

廣森司法書士事務所logo
吹田市の司法書士事務所 廣森司法書士事務所連絡先

〒564-0052 大阪府吹田市広芝町9-12 第11マイダビル4F
(御堂筋線・北大阪急行 江坂駅 徒歩3分)

宅地建物取引士

毎度です

 

不動産営業出身 大阪・吹田市の

 FP(ファイナンシャルプランナー)兼

司法書士 廣森良平です。

 

 

私の毎週購読している住宅新報で

 

次の様な記事がありました。

 

 

 

     ↓その写真↓

 宅地建物取引士へ前進

 

「宅地建物取引士」へ前進

 

信用失墜行為禁止などを盛る

 

との事です。

 

 

 

 

 

 

 

上記記事の内容や

 

キーワードを抽出すると

 

以下のとおりです。

 

 

 

 

 

 

名称変更の理由は

 

「不動産関連団体の要望」+「中古住宅の流通の活性化」

 

である。

 

 

 

 

また、業務に関しても、

 

公正かつ誠実に業務を行い、

 

信用失墜行為の禁止、

 

更なる知識・能力向上に努める

 

規定を盛る。

 

 

 

 

 

ただ、

 

「試験の概要はそのままを維持」

 

との事だそうです。

 

 

 

 

 

もしかすると、

 

宅建の資格がより一層プラチナ資格になるのではないか?

 

と思います。

 

 

 

 

 

ただ、以上を、

 

知り合いの司法書士と話をしていたところ、

 

みんなが口を揃えて、

 

次の様に言いました。

 

 

 

 

 

「試験が難しくならないと

 

名前が変わったからと言って、

 

内容そのものは変わらない

 

との事です。

 

 

 

 

 

確かに、そういう側面もありますが、

 

私は少し違った考えです。

 

 

 

続きは次回・・・。

 

 

以上
不動産法務・不動産実務・不動産登記に特化した

不動産業界出身司法書士兼

ファイナンシャルプランナー(FP)の廣森でした。