民事信託、相続登記手続、遺言書作成、新築・中古不動産売買
に基づく不動産登記、成年後見業務に力を入れております。

廣森司法書士事務所logo
吹田市の司法書士事務所 廣森司法書士事務所連絡先

〒564-0052 大阪府吹田市広芝町9-12 第11マイダビル4F
(御堂筋線・北大阪急行 江坂駅 徒歩3分)

廣森の経歴 激動の不動産営業マン時代  その56

毎度です

 

不動産営業出身 大阪・吹田市の

 FP(ファイナンシャルプランナー)兼

司法書士 廣森良平です。

 

 

前回の続き・・・。

 

 

 

新規の新築マンションの販売の現場に入り、

 

自分の数字、部下の数字も

 

求めていかないとあきません。

 

 

 

 

 

 

そして、並行して

 

部下の教育もしていかないとあきません。

 

 

 

 

 

 

部下の教育はそれほど辛い事はないのですが、

 

やはり、自分も数字を上げて、

 

部下の数字も上げさせないといけないのが、

 

とてもしんどかったです。

 

 

 

 

 

 

恐らく、不動産業界に限らず、

 

中間の管理職って、

 

同じ辛さがあるんやないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

でも、ホンマにキツイですよ~。

 

 

 

 

 

 

自分も数字を求められ、

 

部下の数字も求められる事って・・・。

 

 

 

 

 

 

 

実際、不動産業界の営業って、

(今はどうか知らないですが・・・。)

ホンマに辛いのです。

 

 

 

 

 

 

 

なんせ、

 

数字の求められ方が半端やないんです・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は、月末になると

 

朝吐いたこともあります。

 

 

 

 

 

 

それくらい、数字が行かなかったときは、

 

上司からのまるでイジメの様な

 

「詰め」

 

があります。

 

 

 

 

 

 

 

なので、

 

不動産業界って、、、、、、、、、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

離職率って高いんでしょうね~。

 

 

 

 

 

 

だから、

 

不動産一筋で営業やってる方って、

 

どの業界に行っても通用すると思います。

 

 

 

 

 

 

さて、

 

自分の性格が災いしてか、

 

部下の数字を追い求めるあまりに、

 

平成14年6月に、恥ずかしながら、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと、、、、、、、、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゼロを打ってしまいました・・・。

 

 

 

 

 

不動産営業マンとしては、

 

最低です!!!

 

 

 

 

 

 

確かに、

 

あまり売れていない物件やったんですが、

 

それでも、ナンボ部下に気を取られていたとはいえ、

 

ゼロはあきません!

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな、

 

ダメな現場をテコ入れするために、

 

〇〇不動産販売でも有名な

 

「鬼軍曹の様な方」

 

がチーフになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

聞く所によると、

 

部下を精神的に追い詰め、

 

何人もの退職者を輩出した実績のある方です。

 

凄い実績です?!↑

 

 

 

 

 

 

 

「どんな人やろ?!」

 

 

 

 

「俺、その人にめちゃめちゃ詰められんねやろな~」

 

 

 

 

「あちゃー!タイミングの悪い時にゼロ打ってもうたわ・・・。」

 

 

 

 

続きは次回・・・。

 

 

以上
不動産法務・不動産実務・不動産登記に特化した

不動産業界出身司法書士兼

ファイナンシャルプランナー(FP)の廣森でした。