民事信託、相続登記手続、遺言書作成、新築・中古不動産売買
に基づく不動産登記、成年後見業務に力を入れております。

廣森司法書士事務所logo
吹田市の司法書士事務所 廣森司法書士事務所連絡先

〒564-0052 大阪府吹田市広芝町9-12 第11マイダビル4F
(御堂筋線・北大阪急行 江坂駅 徒歩3分)

廣森の経歴 激動の不動産営業マン時代  その65

毎度です

 

不動産営業出身 大阪・吹田市の

FP(ファイナンシャルプランナー)兼

司法書士 廣森良平です。

 

 

前回の続き・・・。

 

 

 

僕が不動産営業マン時代に

 

お世話になった社長とのケンカになった経緯は

 

以下のとおりです。

 

 

 

 

 

社長 「おえ!!廣森!!」

 

 

 

廣森 「ハイ!なんですか社長!」

 

 

 

社長 「ちょっと、頼みがあんねやけど!」

 

 

 

廣森 「社長の頼みやったら、何でも言うて下さい!!」

 

 

 

社長 「実は、抵当権設定登記をしてほしいんや!!」

 

 

 

廣森 「お安い御用ですよ!費用も社長価格にしておきます!」

 

 

 

社長 「そうか!お願いしてええか!!」

 

 

 

廣森 「お願いも何もありませんやん!」

    「そしてら、登記の段取りしたいんですけど。」

 

 

社長 「いや廣森、段取りは俺がするわ・・・。」

 

 

 

廣森 「いや社長!段取りするのが僕の仕事ですやん!」

 

 

 

 

社長 「いや、お前は必要な書類だけを作っておいて欲しいねん!」

 

 

 

 

廣森 「必要な書類って社長・・・。」

    「色々な確認をしてからやないと書類の作りようがありませんわ!」

 

 

 

社長 「どんな確認すんねん!」

 

 

 

廣森 「そら社長、当事者と面会して、お金を貸した事の確認と、それが債務者に着金した確認 と、抵当権を打つ土地の確認とその土地の所有者の意思の確認や本人確認ですわ!」

 

 

 

 

社長 「いや!廣森・・・。」「お前は余計な事せんでええねん・・・。」

 

 

 

 

廣森 「社長、余計な事って、これせんかったら登記できませんよ!」

 

 

 

 

社長 「だから、お前は余計な事せんでええから言うてるやろ!」

 

 

 

 

 

廣森 「いや社長、絶対にこれせんとあきませんねん!」

    「たのんますわ!!!」

 

 

 

 

社長 「何べんも言うてるやろ!!」

 

 

 

 

廣森 「いや、こればっかりは、ナンボ社長でもあきませんねん・・・。」

 

 

 

社長 「お前は俺の言う通りだけしといたらええねん!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで、ナンボ僕でも少し切れてしまいました。

 

 

 

 

 

 

廣森 「社長・・・。」

 

 

 

 

社長 「なんやねん!!!」

 

 

 

 

廣森 「それやったら、他当たって下さい・・・。」

 

 

 

 

社長 「お前は俺の頼みよ~聞かんのか?」

 

 

 

 

廣森 「こればっかりは、ナンボ社長でも無理です・・・。」

 

 

 

社長 「こんだけ俺が頼んでもか?」

 

 

 

 

廣森 「・・・・はい・・・。」

 

 

 

社長 「ほなもうええわ・・・。」

 

と電話をガチャ切りされました・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それ以来、音信不通です。

 

 

 

 

 

さて、

 

現在の不動産登記法になる前というのは、

 

やや登記申請手続きも緩やかな感じでした。

 

 

 

 

 

 

 

例えば、

 

他の債権者に土地を取られたくなくて、

 

お金を貸していないのに、

 

書類さえあれば架空の抵当権を打ったりするのもザラでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

実際、そんな事をよく聞いたものです。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、僕は八尾の師匠から

 

「司法書士は実体にあった登記しかしたらアカン

 

「実体の確認が司法書士や!

 

「それで、依頼者や紹介者に煙たがられても、職責を全うせえ!

 

「書類だけ揃っとったら何でもする代書屋ちゃうんやで!

 

という事を、毎日毎日言われ続けていました。

 

 

 

 

 

さて、

 

その後、どうなったかはわかりません。

 

 

 

 

 

 

 

しかし今思えば、

 

社長には社長の意地があったし、

 

僕には僕の意地があったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、今になり、私も経営者となり、

 

経営のしんどさ、営業のしんどさと経験し、

 

当時では感じ得なかった事を

 

今では感じる事が出来るようになったのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、社長にメチャメチャ会いたいです・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、あの時の事の話しがしたいです・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社長、このブログ読んでへんかな~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつか、また社長と再会を果たしたいです・・・。

 

 

 

 

 

 

「社長どないですか!?」

 

「僕は社長のお蔭でなんとかやってます!」

 

と言える日が来るのを心より願う

 

今日この頃です・・・。

 

 

以上
不動産法務・不動産実務・不動産登記に特化した

不動産業界出身司法書士兼

ファイナンシャルプランナー(FP)の廣森でした。