民事信託、相続登記手続、遺言書作成、新築・中古不動産売買
に基づく不動産登記、成年後見業務に力を入れております。

廣森司法書士事務所logo
吹田市の司法書士事務所 廣森司法書士事務所連絡先

〒564-0052 大阪府吹田市広芝町9-12 第11マイダビル4F
(御堂筋線・北大阪急行 江坂駅 徒歩3分)

廣森の経歴 辛くも充実していた受験時代 その8

毎度です

 

不動産営業出身 大阪・吹田市の

 FP(ファイナンシャルプランナー)兼

司法書士 廣森良平です。

 

 

私の平成9年の、

 

第1回目司法書士試験で、

 

まずはアカンかった事

 

①書式を最初に解いてしまった事

 

②過去問レベルで出来る問題でも、

 

角度を変えて問われたり、少しひねられると

 

時間がかかったり、焦ったりする。

 

③2次試験の課目の知識レベルが

 

合格水準ギリギリ

 

④未知の問題の対処法

 

⑤推論問題に対する苦手意識

 

ざっと、こんなもんです。

 

 

①については、

 

来年の試験では、

 

絶対に択一を解いてから書式の問題をする事にして、

 

②~⑤については、自分の力の底上げしかありません。

 

 

しかし、

 

底上げをするにしてもダラダラとやっていては、

 

最終合格には到達しません。

 

 

そこで、私の取った勉強法は

 

「とにかく、問題数をこなす事です」

 

 

問題の素材としては、

 

①1次試験

 

民法については、

 

旧司法試験の民法の過去問を全て解く事。

 

そして、自由国民社の司法試験択一式受験六法の精読です。

 

 

②2次試験

 

不動産登記法については、

 

既に絶版になっている司法学院の3分冊の分厚い教材(名前忘れました)の精読。

 

 

③1次、2次共通で

 

レック、早稲田セミナー、東京法経学院、司法学院の

 

合計4校の模擬試験を解きました。

 

④書式対策としては、4校の予備校の模擬試験で十分ですが、

 

レックの体系書式演習及び的中書式演習も併せて受講する事です。

 

 

ところで、

 

旧司法試験の民法の過去問を解いていると

 

受験仲間から「そこまで手を広げたら消化不良になるんちゃう?!」

 

と揶揄されましたが、

 

私は旧司法試験民法の過去問を解かないと

 

最終合格はあり得ないと確信していました。

 

 

 

理由を上げると次のとおりです。

 

①平成8年頃から

 

条文や判例の知識だけで解けない問題が出題され始めた。

 

 

②平成9年の民法の問題で司法試験過去問の類題が出ていた。

 

 

③司法書士も弁護士に追いつき追い越せという事で、

 

明らかに司法試験を意識しており、

 

民法が難化し始めたからです。

 

 

確かに過去問も大事ですが、

 

平成7年までは司法書士民法は

 

過去問だけで十分に解けましたが、

 

明らかに平成8年から過去問レベルを逸脱する問題が

 

多く出題されるようになってきたのです。

 

 

つまり、

 

過去問だけでは対処しきれなくなってきたのです。

 

 

なので、本当に、とにかく問題を解きまくりました。

 

 

次回は、具体的な勉強法を書きます。

 

 

以上

不動産法務・不動産実務・不動産登記に特化した、

不動産業界出身司法書士兼

ファイナンシャルプランナーの廣森でした