民事信託、相続登記手続、遺言書作成、新築・中古不動産売買
に基づく不動産登記、成年後見業務に力を入れております。

廣森司法書士事務所logo
吹田市の司法書士事務所 廣森司法書士事務所連絡先

〒564-0052 大阪府吹田市広芝町9-12 第11マイダビル4F
(御堂筋線・北大阪急行 江坂駅 徒歩3分)

廣森の経歴 辛くも充実していた受験時代 その20

毎度です

 

不動産営業出身 大阪・吹田市の

FP(ファイナンシャルプランナー)兼

司法書士 廣森良平です。

 

 

 

平成10年度司法書士試験が終わりました。

 

 

 

心の中では「ほぼ、合格

 

と思っていましたが、

 

試験終了後でも、

 

やはり一生懸命勉強をしていました。

 

 

 

ここまで、くるともう

 

「歯を磨く」という習慣みたいなもんです。

 

 

 

「勉強しないと気持ち悪いんです

 

 

 

それと、もう一つ理由があります。

 

 

 

筆記試験に受かると、

 

次は口述試験です。

 

 

 

これは、筆記試験合格者なら、

 

ほぼ100%受かるそうですが、

 

口述試験で不合格という

 

初の伝説をつくるわけにいかなかったので、

 

結構必死のパッチ で勉強していました。

 

 

 

 

さて、

 

試験が終了したので、

 

何かまた、仕事をしなければいけません。

 

 

 

何処か、正社員で働こうと思ってましたが、

 

合格しているとまたすぐに辞めなければいけないと思い、

 

結局、合格発表まで、

 

アルバイトをする事にしました。

 

 

 

仕事内容は

 

「新聞屋さんの余った広告と新聞を集める」

 

超肉体労働です。

 

 

 

 

条件は早朝4時からお昼の12時位まで。

 

給与は日当10,000円です。

 

 

 

トラックに7~8t位の新聞や広告の束を積み込みます。

 

 

 

 

一つ当たりの束が約15キロ位と仮定すれば、

 

合計で約500個以上の束を積み込みます。

 

 

 

 

そして、

 

仕上げは工場でその500個以上の束を全てばらし、

 

圧縮して再生紙用の紙の固まりをつくります。

 

 

 

 

真夏 の過酷な労働だったので、

 

1日にペットボトル3本くらいのお水を飲んでいました。

 

 

 

沢山食べないと、倒れる位の過酷な労働です。

 

 

 

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、

 

漫画のカイジの「地下強制収容労働施設並み」の過酷労働です。

 

 

 

なので、

 

みるみる体は痩せて行き、

 

75キロ位あった体重がなんと

 

67キロ位にまでなりました。

 

 

 

 

憧れの痩せマッチョです(笑)

 

 

 

 

そして、

 

仕事のあとのビール がたまりません。

 

 

 

またまた、カイジの話になりますが、

 

カイジが地下強制労働収容施設で

 

初めて飲んだビール の下りなんですが、

 

僕にはその気持ちが痛いほど、

 

わかりました。

 

 

 

 

以下カイジのセリフ・・・。

 

 

 

「キンキンに冷えてやがる・・・。」

 

「あ・ありがてぇっ・・・。」

 

「涙が出るっ・・・。」

 

「犯罪的だ・・・うますぎる・・・。」

 

「染み込んできやがる・・・体に・・・。」

 

「ぐっ・・・溶けそうだ・・・。」

 

「本当にやりかねない・・・ビール1本のために・・・強盗だって・・・。」

 

 

 

あの過酷労働の後に吞んだビール は、

 

本当に犯罪的なうまさでした(笑)

 

 

 

あの時のビール

 

私の人生にとって、

 

一番美味しかったビール です。

 

 

 

過酷な肉体労働をしていないと、

 

あの美味さを経験する事は

 

絶対に出来ないと思います!

 

 

 

そうこうしているうちに、

 

9月の末の合格発表が来ました。

 

 

 

合格通知は郵送されるのですが、

 

僕は、当時大学4年生の弟と

 

京都地方法務局まで

 

合格発表を見に行きました。

 

 

 

私の受験番号「1」

 

あるとは思ってましたが、

 

やはり試験は最後の最後まで分かりません。

 

 

 

ドライブがてら名神高速に乗り、

 

京都地方法務局に到着しました。

 

 

 

 

続きは次回・・・。

 

 

以上

不動産法務・不動産実務・不動産登記に特化した、

不動産業界出身司法書士兼

ファイナンシャルプランナーの廣森でした