民事信託、相続登記手続、遺言書作成、新築・中古不動産売買
に基づく不動産登記、成年後見業務に力を入れております。

廣森司法書士事務所logo
吹田市の司法書士事務所 廣森司法書士事務所連絡先

〒564-0052 大阪府吹田市広芝町9-12 第11マイダビル4F
(御堂筋線・北大阪急行 江坂駅 徒歩3分)

ゆるネタ。廣森の経歴 激動の猛烈新卒営業マン時代 その8

毎度です

 

不動産営業出身 大阪・吹田市の

 FP(ファイナンシャルプランナー)兼

司法書士 廣森良平です。

 

 

 

平成7年9月1日

 

正式な辞令が出ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

貴殿に中四国事業部(広島)の勤務を命ずる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、目の前が真っ暗になりました。!!

 

 

 

 

「俺の高松での頑張りは一体、なんやってん!?」と思い、

 

先輩や上司になぜ、私が中四国事業部に

 

配属になったのか理由を聞くと、

 

高松での頑張りや、

 

同期3人の中でも一番デキル男と思われたみたいで、

 

新規事業を手掛ける中四国事業部の、

 

鬼の中四国事業部長が

 

新入社員ドラフト会議の時に

 

有無を言わさず僕の一番札を取ったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

阪神の藤浪みたいなもんです(笑) ←そんなにいいもんでもない(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに、そう言われると営業マン冥利に尽きるのですが、

 

僕が高松でやっていたことは、

 

ホンマに何も解らず、

 

社会の怖さを知らない、

 

元気で若いだけで、

 

勢いに任せた夜討ち・朝駆けの営業を

 

していただけです。

 

 

むしろ、

 

当時の僕にとっては、そんな事よりも、

 

大阪に一番近くて、

 

うどんが美味しく、

 

関西弁の高松で

 

仕事をしたかっただけなのです。

 

 

 

 

仕事の内容なんて関係ありませんでした。 ←オマエ社会人やろ!

 

 

 

 

本当の事をいうと仕事なんて、なんでも良かったし、

 

関西弁で仕事から日常生活を送りたかったのです。

 

 

 

なぜなら、広島で研修中の時に、

 

大阪出身の先輩に言われたんですが、

 

「取引先に行ったら、あんまり関西弁出すなよ!」

 

「広島の人は広島弁に誇りをもっており、

 

 関西弁はあんまり受け入れられへんから!」

 

と釘を刺されていました。

 

 

 

 

ほんなら、じゃー、一体俺って、

 

「どんな話し方したらええねん?!」

 

と思っていましたが、

 

取敢えず、

 

(標準語+広島弁+関西弁)÷3という、

 

けったいな言語を喋ってました(笑)

 

↑関西出身で広島在住の方って、結構、こんな喋りしてると思います。

 

 

 

例えば、大阪弁で

 

「○○係長、居てはります?」を

 

(標準語+広島弁+関西弁)÷3という、

 

けったいな言語で言うと、

 

「○○係長、居てはってですか?」という

 

ケッタイな言葉になってしまいます。(笑)

 

 

 

もはや、

 

大阪弁でもない、

 

広島弁でもない、

 

標準語でもありません(笑)

 

 

 

 

 

次回からは、

 

鬼の中四国事業部長が待っている、

 

前途多難で地獄の中四国事業部の仕事ぶりを書きます。

 

 

PS あまり思い出したくありません・・・・。

 

 

以上

不動産法務・不動産実務・不動産登記に特化した、

不動産業界出身司法書士兼

ファイナンシャルプランナーの廣森でした