民事信託、相続登記手続、遺言書作成、新築・中古不動産売買
に基づく不動産登記、成年後見業務に力を入れております。

廣森司法書士事務所logo
吹田市の司法書士事務所 廣森司法書士事務所連絡先

〒564-0052 大阪府吹田市広芝町9-12 第11マイダビル4F
(御堂筋線・北大阪急行 江坂駅 徒歩3分)

ゆるネタ。廣森の経歴 激動の猛烈新卒営業マン時代 その12

毎度です

 

不動産営業出身 大阪・吹田市の

FP(ファイナンシャルプランナー)兼

司法書士 廣森良平です。

 

 

さて、

 

いよいよ辞表を部長に提出する日が近づいております。

 

 

 

私は、3月末日を持って退職する旨の辞表を

 

2月の中旬頃に提出しようと決心しました。

 

 

この時期ならいきなりでもないし、

 

1ヶ月半もあれば身支度も出来、

 

飛ぶ鳥跡を濁さずと思ったからです。

 

 

 

ついに、辞表を提出です。

 

 

 

  「部長すんません・・・・。ちょっと、お話しが・・・・。」

 

部長 「うん?!なんだ?!」

 

僕  「実は、会社を3末で、退職したいと思っております。」

 

部長 「辞めてどうするんだ?!」

 

  「司法書士の勉強をして、司法書士になろうと思ってます。」

 

部長 「バカ野郎!

 

     世の中そんなにうまく行くはずなんてないから、

 

     もう1回考え直せ!?」

 

  「いや。もう決心した事なので・・・。会社を辞めます。」

 

部長 「お前、入社スピーチで最年少役員になって、

 

    社長になるって言ってたけど、あれ、嘘なのか?」

 

  「・・・・・・・・・・・・・・・。」

 

(内心、そんな事はどうでもエエねん!?と思いながら・・・。)

 

 

部長 「どうなんだよ?」

 

 

  「・・・・・・・・・・・・・・・。」

 

(内心、どう!?って言われたてもな~・・・。)

 

 

部長 「黙ってても、わからないだよ!!」

 

 

  「・・・・たしかに・・・・そうですが・・・・・。」

 

(内心、何か言わなアカンと思い・・・・。)

 

 

部長 「確かに、どうなんだよ!」

 

 

  「確かに、そう言いましたが、

 

    もう辞める決心はついていますので、

 

    会社を辞めさせて下さい!」 開き直りです(笑)

 

 

部長 「・・・・・・・・・・・・・・・。」

 

 

  「部長!お願いします!辞表を受理して下さい・・・・。」

 

部長 「そうか・・・。わかった・・・。」

 

    「取りあえず、辞表は預かっておくわ・・・。」

 

と言ったようなやり取りやったです。

 

 

確か、辞表を提出後に部長と一緒に飲みに行ったりして、

 

翻意を迫られたりと言った事はありませんでした。

 

 

 

翻意を迫られても、会社に残る事は

 

全く考えてなかったですしね~。

 

 

 

辞表提出後の僕の心境は以下のとおりです。

 

 

「あ~~スッとした!

 

「これで、この会社ともおさらば出来る!

 

「次の人生に向かって絶対頑張ったんねん!

 

「絶対、3年以内に司法書士に合格したんねん!

 

「部長!!見とけよ!!

 

とメラメラ と燃えていました。

 

 

 

 

私が会社を辞めると

 

中四国事業部管内で噂が流れた途端!

 

管内の高松支店、下関支店、松山支店の支店長が

 

僕に電話をかけてきました。

 

 

「廣森!!どうして会社やめるんだ!!」

 

「早い!!」

 

「早すぎる!!」

 

「お前、あの部長の元で働くのが辛かったんだろう!!」

 

「俺が部長や本社の人事に掛け合って、

 

 俺の所の支店に異動させるように

 

 俺が頼みこんでやるから安心しろ!!」

 

と言われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ものすごい嬉しかったです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなアホな僕でも大事に思ってくれてたんや・・・。

 

と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心はもう退職して、

 

勉強して司法書士になる固い決心 をしております。

 

 

なので、支店長達には

 

「有難うございます、支店長・・・。

 

 ですが、支店長、もう既に決心はついております。

 

 なので、会社を辞めさせて下さい・・・。」


と丁重にお断りしました。

 

 

 

松山の〇田所長は、僕にもう一度考えなおすように

 

わざわざ松山から広島まできてくれました。

 

 

しかし、もうすでに心は固まっております 。

 

 

松山の〇田支店長も納得してくれたみたいで、

 

「廣森、そうしたら結果出せるように頑張れ!」

 

と言われました。

 

 

 

ところで、

 

もうすでに会社を辞める事が確定した途端、

 

仲の良かった先輩達も、少し、よそよそしくなりますよね~。

 

 

 

恐らく、辞める人間と仲良く話をしている所を部長に見られたら、

 

部長に嫌われるからです。

 

 

 

となると、

 

人事考課に影響必至です!

 

 

 

なので、

 

僕は、先輩に気を使い、

 

部長の前では、大好きな先輩とも

 

一切口をきかないようにしました。

 

 

 

 

 

そして、

 

私の退職騒動がひと段落したころ、

 

部長から、

 

「お前、やる事ないからヤード(建設機械の保管場所)で

 

 機械の整備や掃除や雑用でもやっとけ! 」

 

と言われ、

 

内心メッチャ嬉しかった事を覚えております。

 

 

 

なぜなら、

 

やる事もないのに広島の事業部におっても、

 

針のむしろで メチャメチャ居り辛い雰囲気 なのです。

 

 

 

なので、

 

「ハイ!わかりました!」

 

と元気よく返答し、

 

次の日からは、

 

つなぎ(作業着)を着て、

 

建設機械のオイルにまみれる仕事です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「こんなんもええんやないか?!」

 

 

「そこで、色々な技術を覚えれば、もしもの時に人生の役にも立つし・・・・。」

 

と思いながら

 

作業着ショップで作業着を購入し、

 

明日からやっと部長から離れられると思い、

 

あとは退職の日を待つばかりでした。

 

 

 

 

続きは次回・・・・。

 

以上

不動産法務・不動産実務・不動産登記に特化した、

不動産業界出身司法書士兼

ファイナンシャルプランナーの廣森でした