民事信託、相続登記手続、遺言書作成、新築・中古不動産売買
に基づく不動産登記、成年後見業務に力を入れております。

廣森司法書士事務所logo
吹田市の司法書士事務所 廣森司法書士事務所連絡先

〒564-0052 大阪府吹田市広芝町9-12 第11マイダビル4F
(御堂筋線・北大阪急行 江坂駅 徒歩3分)

成年後見業務を依頼

毎度です

 

不動産営業出身 大阪・吹田市の

 FP(ファイナンシャルプランナー)兼

司法書士 廣森良平です。

 

 

先日から

 

「司法書士の選び方」

 

という事で話を展開していきました。

 

 

 

かなり、好評だったので、

 

次は「成年後見人を依頼」するには、

 

どんな司法書士がいいのか?

 

という所をぶっちゃけていきます。

 

 

 

成年後見人を選ぶ時というのは、

 

本人の判断能力低下のため、

 

訪問販売で高額な買い物をしたり、

 

不要なリフォーム工事をしないかどうか心配な時です。

 

 

 

私がある方の成年後見人になった時、

 

依頼者の方は、高額で不要な物を

 

訪問販売で購入していました。

 

 

 

買っていたものは、浄水器を3台です。

 

 

 

こんなもん1台だったら、まだわかりますが、

 

3台もいりません。

 

 

 

状況を説明すると、

 

以下のとおりです。

 

水道の蛇口

 

  ↓

 

浄水器①

 

  ↓

 

浄水器②

 

  ↓

 

浄水器③

 

  ↓

 

浄水された水 ←(おいしそ~?!)

 

 

 

 

なんと、

 

浄水された水をさらに浄水し、

 

そしてさらにまた浄水します。

 

 

 

こんなもん1台で充分です。

 

 

 

しかも、全部同じ人から購入しています。

 

 

 

このままだと、

 

また浄水器を買わされるかもしれません。

 

 

 

そこで、成年後見人が選ばれると

 

私が契約しない事には

 

高価な買い物が出来ないので一安心です。

 

 

 

さて、話がそれましたが、

 

成年後見人は財産も管理せなアカンけど、

 

身上も看護せなあきません。

 

 

 

 

簡単に言うと、

 

もし、自分の親に介護が必要な時があれば、

 

おそらくそこまでするであろう

 

というくらいのお世話をしないといけません。

 

 

 

なので、結構な激務です。

 

 

 

よって、

 

多くの人数を引き受ける事が出来ないし、

 

遠方の人の後見業務を受ける事も

 

物理的・時間的に不可能です。

 

 

 

続きは次回・・・。

 

 

以上

不動産法務・不動産実務・不動産登記に特化した

不動産業界出身司法書士兼

ファイナンシャルプランナー(FP)の廣森でした。