民事信託、相続登記手続、遺言書作成、新築・中古不動産売買
に基づく不動産登記、成年後見業務に力を入れております。

廣森司法書士事務所logo
吹田市の司法書士事務所 廣森司法書士事務所連絡先

〒564-0052 大阪府吹田市広芝町9-12 第11マイダビル4F
(御堂筋線・北大阪急行 江坂駅 徒歩3分)

民事信託、家族信託を初めて受けた場合(若手司法書士向け)

毎度です!

 

 

大阪吹田市の司法書士兼

家族信託専門士の廣森良平です。

 

 

家族信託、民事信託を受けるとなると、

まずは、知識武装です!

 

 

なので、最低限、

買いそろえなければいけない書籍を

ご紹介します。

 

 

ちなみに、私は

信託に関する書籍だけでも

46冊ほど持っています。

 

IMG_20171026_144406

 

しょっちゅう調べものしているので、

デスクのとなりに信託専用の本棚を

自分で取り付けました。

 

 

 

その中でもおすすめの書籍を

7冊ご紹介いたします。

 

 

 

ⅰ)民事信託実務ハンドブック

ⅱ)新訂 新しい家族信託

ⅲ)信託を活用した新しい相続・贈与のすすめ

ⅳ)逐条解説新しい信託法

ⅴ)家族信託まるわかり読本

ⅵ)信託登記の実務

ⅶ)信託目録の理論と実務

 

 

こんな感じでしょうか?

 

 

それでは、一つ一つ書評を述べていきます。

(あくまで私の感想です)

 

 

ⅰ)民事信託実務ハンドブック

 

IMG_20171030_181342

 

法律面及び税務面について豊富で詳細な

解説や事例があります。

 

 

また、

一般社団法人民事信託推進センターが編集し、

監修している方も信頼のおける方です。

 

 

ⅱ)新版新しい家族信託

 

IMG_20171030_181414

 

日本で一番家族信託で有名な

実務家兼学者の遠藤先生の著作です。

 

 

しかし、私は

「実務的に無理なのでは?!」

と反論したくなる部分があります。

(多分私の理論の方が正解だと自信があります)

 

 

その他の記載事項については

かなり信頼できる内容であると思います。

 

 

ⅲ)信託を活用した新しい相続贈与のすすめ

 

IMG_20171030_181423

 

特に税務関係について、

Q&A方式で非常に検索しやすく、

かつ分かりやすいです。

 

 

ⅳ)逐条解説新しい信託法

 

IMG_20171030_181358

 

立法担当者が信託法全270条の条文を

解説している良書です。

 

 

なので、

条文の制度趣旨、立法趣旨が

詳しく解説されています。

 

 

ちなみに、

信託実務は今現在発行している書籍に

記載してない事が多いです。

 

 

となると、どうするか?

 

 

基本に立ち返り、立法趣旨や制度趣旨から

自分なりに判断しなければなりません。

 

 

つまり、

ここで自分なりの理論を構築し、

家族信託、民事信託の専門家として

その理論に責任を持たなければ

いけないことになります。

 

 

なので、

その理論を構築するうえでも

この本は実務家必携の図書です。

 

 

この本は、私の

「バイブル」

と言っても過言ではありません!

 

 

ⅴ)家族信託まるわかり読本

 

IMG_20171030_181349

 

家族信託普及協会の代表理事である

司法書士 宮田先生の著書です。

 

 

恐らく、日本でも5本の指に入る位の

民事信託、家族信託では有名でかつ優秀な

実務家の司法書士です。

(自分では勝手に私の師匠と思っています!)

 

 

そして、豊富な事例を織り交ぜ

コンパクトにまとめられている

良書だと思います。

 

 

ⅵ)信託登記の実務

 

IMG_20171030_181440

 

 

ⅶ)信託目録の理論と実務

 

IMG_20171030_181432

 

以上の2冊は、司法書士なら必携ですよね!

 

 

言うまでもありません。

 

 

信託法初心者の人は

まず、ⅲ)とⅴ)を通読して、

頭に徹底的に叩き込むといいでしょう。

 

 

あとは、辞書のように必要事項を

ピックアップしていけばと思います。

 

 

いかがですか?

 

 

最低限、

これくらいの知識を入れておかないと

「僕はとても無理なんじゃないかな?!」

と思います。

 

 

さらに言うと、

これくらいの知識を持てないようでは

民事信託、家族信託の依頼を

受けるべきではありません。

 

 

そういう人は

司法書士業務の中でも

「簡単なものだけ」

やっていればいいと思います。

 

 

続きは次回・・・。