民事信託、相続登記手続、遺言書作成、新築・中古不動産売買
に基づく不動産登記、成年後見業務に力を入れております。

廣森司法書士事務所logo
吹田市の司法書士事務所 廣森司法書士事務所連絡先

〒564-0052 大阪府吹田市広芝町9-12 第11マイダビル4F
(御堂筋線・北大阪急行 江坂駅 徒歩3分)

NHKのあさイチで、家族信託の特集を見て一言

毎度です!

 

 

 

 

大阪吹田市・江坂の家族信託専門士兼

司法書士の廣森良平です。

 

 

 

 

昨日、NHKのあさイチで

家族信託(民事信託)の特集を

やっていました!

 

 

 

 

こういう風にNHKが

家族信託(民事信託)の事を

取り上げてくれるのは

本当にいいことですよね!

 

 

 

 

これから、より一層、

家族信託(民事信託)

普及すればと思います。

 

 

 

 

さて、

いつも思うのですが、

家族信託(民事信託)の特集を見ていると

以下のように感じます。

 

 

 

 

「家族信託(民事信託)万能!」

「成年後見制度はダメ!」

というような感じです。

 

 

 

 

 

なので、ここで、

声を大にして言います。

 

 

 

 

 

家族信託(民事信託)は

「素晴らしい制度」です。

 

 

 

 

 

そして、

成年後見制度も同じ位、

「素晴らしい制度」

だという事です。

 

 

 

 

 

また、

家族信託(民事信託)には

デメリットがあります!

 

 

 

 

 

それと同じように

成年後見制度にも

デメリットがあります!

 

 

 

 

いかがですか?

 

 

 

 

となると、

私が一番大事だと思う事は

以下のとおりです。

 

 

 

 

「家族信託(民事信託)を適用するのか?」

「後見制度を適用するのか?」という線引き

もっとも大事だという事になります。

 

 

 

 

さて、

昨日の番組では

以下の様な事例を挙げてました。

 

 

 

 

①不動産は実家の土地と建物だけ

 

②その不動産は父と母の共有

 

③父は意識ははっきりしてるが

母は認知症

 

④父と母を共に施設に入所

 

⑤父と母には現預金が少ない

 

⑥毎月の施設費用のために

実家不動産を売りたい

 

以上です。

 

 

 

 

まあ、よくありがちな話です。

 

 

 

 

しかしながら、

昨日の番組を一般の方が見ると、

「成年後見制度を使うと実家が自由に売れない!」

という誤解が生じるのではないか?!

と思いました。

 

 

 

 

実はここで、

注意しなければならないのは、

「成年後見制度を使っても実家は売れる!」

という事です。

 

 

 

 

さらに、

昨日の事例においては、

私たち成年後見制度のプロからすると

成年後見制度を使っても

スムースに売却が進むような事例でした。

 

 

 

 

理由としては、

先ほど挙げたこの事例は

実家不動産を売る

「きちんとした理由」

があるからです。

 

 

 

 

なので、

家庭裁判所に売却の許可をお願いすれば

1ヶ月もかからず許可が出ます。

(事例によるが)

 

 

 

 

つまり、

買い手が見つかれば

1ヶ月やそこらで実家不動産を

売る事が出来るのです。

 

 

 

 

 

いかがですか?

 

 

 

 

 

ここで何度も言いますが、

後見制度を利用しても実家の不動産は

売れるという事です。

 

 

 

 

 

ただ、

売る理由があるかどうかについて

「裁判所の判断」

が必要になってくるだけです。

 

 

 

 

 

ちなみに、

この裁判所の判断を

「居住用財産の売却許可」

と言います。

 

 

 

 

そして、

許可がされるかどうかの判断は

成年後見業務をしている

司法書士なら大体分かります。

 

 

 

 

いかがですか?

 

 

 

 

皆さんもご理解頂けたでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですが、、、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、

この事例では、あるタイミングで

「家族信託(民事信託)すべき内容」

である事は事実です。

 

 

 

 

 

それは次回に回したいと思います!