民事信託、相続登記手続、遺言書作成、新築・中古不動産売買
に基づく不動産登記、成年後見業務に力を入れております。

廣森司法書士事務所logo
吹田市の司法書士事務所 廣森司法書士事務所連絡先

〒564-0052 大阪府吹田市広芝町9-12 第11マイダビル4F
(御堂筋線・北大阪急行 江坂駅 徒歩3分)

相続が起きた時、何処に相談するのが一番いいのか?!その2

毎度です

不動産営業出身 大阪・吹田市の

FP(ファイナンシャルプランナー)兼

司法書士 廣森良平です。

 

 

前回の続き・・・。

 

 

 

平成27年1月1日から

 

相続税の基礎控除が大幅に下がります。

 

 

 

 

現在

 

5000万円+(1000万円×法定相続人の数)

 

 

改正後

 

3000万円+(600万円×法定相続人の数)

 

以上となります。

 

 

 

 

 

 

例えば、

 

相続人の数が子ども2人とします。

 

 

 

 

 

 

 

 

改正前は

 

5000万円+(1000万円×法定相続人の数)だから

 

5000万円+(1000万円×2人)

 

=7000万円となります。

 

 

 

 

 

 

 

改正後は

 

3000万円+(600万円×法定相続人の数)だから

 

3000万円+(600万円×2人)

 

=4200万円となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その差はなんと、、、、、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2800万円もあります。

 

 

 

 

 

 

 

つまり、

 

7000万円以下の相続財産であったら、

 

改正前は相続税の申告をしなくてもいいわけです。

 

 

 

 

 

 

しかし、改正後は、

 

7000万円の相続財産があれば、

 

相続税の申告をしないとあきません!

 

 

 

 

 

 

ちなみに、相続税の速算表を見ると、

 

子ども2人の場合は、改正前は当然0円ですが、

 

上記事例において、

 

平成27年1月1日以降の相続では、

 

約320万円の相続税がかかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

320万円もですよ!

 

 

 

 

 

しかしながら、上記事例でも、

 

早い目に相続税対策をすれば、大

 

幅に相続税を軽減させるか、

 

相続税を負担しないように持って行くことが

 

十分可能な範囲です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上より、

 

相続税がかかりそうな人は、

 

相続の相談をするには、

 

以下の人が適任です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ずばり、、、、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

税理士+ファイナンシャルプランナー+司法書士です。

 

 

 

理由は、既にお気づきかもしれませんが、

 

相続税がかかる人は、

 

「相続税対策のための税理士」

 

「その対策を施すためのファイナンシャルプランナー」

 

「「争」続対策のための法律家」に相談すれば、

 

ご自身の心配事をワンストップ

 

解決をして貰えます。

 

 

 

 

 

 

しかしながら、

 

「十分相続税の基礎控除の範囲内だ!」という人は、

 

別に、相続税対策も相続税対策のための保険の理由

 

不要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

なお、この様な方が、

 

保険会社に属しているFPに相談すれば、

 

必要もないのに、うまい事言われて、

 

無駄な保険を契約させられるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

なので、以上の方は、

 

相続法の専門家である、

 

司法書士だけに相談すればいいでしょう!

 

 

 

 

 

 

 

理由は簡単です!

 

 

 

 

 

 

 

相続に関する全ての手続が、

 

司法書士だけでまかなう事が出来るためです。

 

 

 

 

 

 

 

 

よって、みなさん!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下の方程式を頭に入れて下さい!

 

難しくはありません!

 

 

 

 

平成27年1月1日以降の相続税の基礎控除額以上の財産がある方

 

税理士+ファイナンシャルプランナー+司法書士に相談

 

 

 

平成27年1月1日以降の相続税の基礎控除額以下の財産がある方

 

司法書士に相談

 

 

 

以上です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大事なので、

 

もう一度言います!

 

 

 

 

平成27年1月1日以降の相続税の基礎控除額以上の財産がある方

 

税理士+ファイナンシャルプランナー+司法書士に相談

 

 

 

平成27年1月1日以降の相続税の基礎控除額以下の財産がある方

 

司法書士に相談

 

 

以上です。

 

 

 

 

 

 

 

特に、

 

大阪市内にある程度の土地建物を所有されている方、

 

北摂豊中でいわゆる相場の高いエリアで

 

(特に豊中3中校区、豊中11中校区)

 

土地建物を所有されている方、

 

改正前はギリギリセーフやったけど、

 

改正後はもしかすると、

 

相続税がかかるかもしれません!

 

 

以上
不動産法務・不動産実務・不動産登記に特化した

不動産業界出身司法書士兼

ファイナンシャルプランナー(FP)の廣森でした。