民事信託、相続登記手続、遺言書作成、新築・中古不動産売買
に基づく不動産登記、成年後見業務に力を入れております。

廣森司法書士事務所logo
吹田市の司法書士事務所 廣森司法書士事務所連絡先

〒564-0052 大阪府吹田市広芝町9-12 第11マイダビル4F
(御堂筋線・北大阪急行 江坂駅 徒歩3分)

過払請求の報酬を、もっと少なく設定すべきでは??

毎度です

 

不動産営業出身 大阪・吹田市の

 FP(ファイナンシャルプランナー)兼

司法書士 廣森良平 です

 

 

最近の過払請求について思うこと。

 

 

 

 

 

以前のブログにも書きましたが、

 

 

過払請求はほとんど手間いらずの手続です。

 

 

 

理由は

 

 

最高裁の判例が出尽くしたので、

 

争いとなる所がほとんど無くなったためです。

 

 

但し、時効や取引の分断については、この限りではありません。

 

 

 

 

なので、

 

昔のままの報酬体系だと、

 

少し費用が高いのではないかと思います。

 

 

 

 

私の妥当と考える報酬体系は

 

訴訟を起こさなければ、

 

着手金1社当たり1万円、

 

成功報酬は取得額の約12~14%が

 

妥当なラインでしょう!

 

 

 

 

訴訟起こせば、

 

着手金1社当たり2万円、

 

成功報酬は取得額の約15%~18%が

 

妥当なラインでしょう!

 

 

 

着手金1社3万円以上

 

取得額の20%を超えたり、

 

減額の報酬を取るのは

 

明らかに取り過ぎやと思います。

 

 

 

 

ところで、最近、

 

電車・テレビCM・スポーツ新聞で

 

過払い請求の広告を

 

頻繁に見かけます。←最近はやや減った?!

 

 

 

これって、まるで、

 

利息制限法や判例法理を知らない

 

資金需要者に付け込んで、

 

高利を貪っていた

 

一昔前の消費者金融会社のCMを思い出します。

 

 

 

なぜなら、

 

依頼者の過払い請求の手続に関する、

 

法律や最高裁判所の判例を知らない事に付け込み

 

高額な報酬を請求すると言った事は、

 

一昔前の消費者金融がやっていたことと、

 

何ら変わりがないからです。

 

 

 

業界最大手の武富士や

 

中小零細の貸金業者(いわゆる街金)が

 

自然に縮小や廃業されたように、

 

過払い請求に特化し、

 

高額な過払請求の報酬を請求している

 

司法書士事務所や弁護士事務所も

 

いずれ、自然淘汰されていくことでしょう。

 

 

 

現に、司法書士事務所や弁護士事務所が

 

廃業したり、縮小していったといううわさも

 

よく、耳にします。

 

 

 

 

確かに、報酬設定は自由ではあるが、

 

やはり、

 

手間に見合った


適正妥当な報酬形態があると思います。

 

 

 

 

みなさんは、どう思われますか?

 

 

以上

不動産法務・不動産実務・不動産登記に特化した、

不動産業界出身司法書士兼

ファイナンシャルプランナーの廣森でした