民事信託、相続登記手続、遺言書作成、新築・中古不動産売買
に基づく不動産登記、成年後見業務に力を入れております。

廣森司法書士事務所logo
吹田市の司法書士事務所 廣森司法書士事務所連絡先

〒564-0052 大阪府吹田市広芝町9-12 第11マイダビル4F
(御堂筋線・北大阪急行 江坂駅 徒歩3分)

過払請求は絶対、「若手で暇な司法書士」に頼むべき!

毎度です!

 

 

大阪吹田市・江坂の司法書士兼

家族信託専門士の廣森良平です。

 

 

また、ネットのニュースで

アディーレ関係が騒がしてますね!

 

 

ネットのニュースの見出しは以下のとおり

 

 

・アディーレ側、業務停止「処分重い」日弁連に審査請求

(11/2 産経新聞)

 

 

・他の事務所の弁護士から、「処分が重すぎるのではないか」の声も

(10/21 産経新聞)

 

 

・依頼人を置き去りにした東京弁護士会の対応に疑問の声も

(10/30 ダイヤモンド・オンライン)

 

 

ホンマに、

弁護士会とアディーレとの

「大人の事情?!」

がぶつかり合ってますね!

(「大人の事情についてはご想像にお任せします」)

 

 

しかしながら、

「10/30 ダイヤモンド・オンライン」

に掲載された記事が的を得てますよね!

 

 

そうです!

 

 

「一番かわいそうなのは依頼者なのです!」

 

 

さて、

依頼者は次にどこかに過払請求や

個人再生、破産手続き等の

債務整理を頼み直さないといけません。

 

 

そして、依頼者はどこに頼めばいいのか?

 

 

途方にくれてしまいます。

 

 

今思うと

「なぜアディーレに過払いと言った

債務整理の仕事が集中したのか?」

 

 

それは、やはり

「マーケティング」

が上手かったのです。

 

 

さらに、

ガンガン全国的に広告費を

大量にかけてきた賜物です。

 

 

ですけど、

アディーレの広告を見て

「胡散臭いな?!」と思わず、

なぜ依頼してしまうのか?

 

 

それは、

マーケティングの観点から言うと、

「手軽さ」

になるのでしょうね~。

 

 

アディーレの広告は

その広告を見た人は

「手軽にすぐに問い合わせ出来る仕組み」

になっているわけです。

 

 

また、

全国展開している大規模事務所だから

信用もしたんでしょうね~。

 

 

実は、

「大規模事務所だから安心」というのは

士業ではあまり当てはまらないと思っています。

 

 

一方で、普通の一般の企業であれば

「業界大手だから」、「財閥系だから」

というのは一つの判断基準だと思います。

 

 

例えば、

新築マンションを買うのであれば

大手や財閥系でしょうね。

 

 

以前、

中堅どころのマンション開発会社が

耐震偽装で潰れましたよね。

 

 

仮に大手や財閥系が何か不正したとしたら

きっちりお金をかけて補償をするでしょう!

 

 

だから髙いのもうなずけるわけです。

 

 

ですが、

士業の大手法人と言ったって、

アディーレでも弁護士は

200人も在籍してません。

 

 

さらに、大手企業や財閥系企業の様な

資本力なんてありません。

 

 

なので、士業に至っては、

「あまり大手事務所にこだわらなくてもいい」

と思って下さい。

 

 

むしろ、

「きっちり仕事してくれるのか?」

という事が大事だと思います。

 

 

実は、

過払いの和解交渉の仕事って、

ほとんど資格者の弁護士が担当しません。

 

 

弁護士資格のない

「パラリーガル」という事務スタッフが

和解交渉のほとんどを対応しています。

 

 

つまり、

どういう事かと言うと、

「依頼した弁護士本人が

 全精力をかけて和解交渉をしていない!」

のです。

 

 

皆さん!ちなみに、

「お願いした弁護士とその事務員さんが

和解交渉するのとではどっちが安心ですか?」

 

 

そうです!

 

 

当然、前者の

「弁護士本人が和解交渉をする」

のが安心して任せると思います。

 

 

となると、

どんな弁護士や司法書士にお願いするのが良いか?

 

 

それは、ズバリ

「若手で暇な司法書士や弁護士」

です。

 

 

このブログでも書きましたが、

過払いの仕事はズバリ、

超簡単です。

 

 

(過去の参照記事)

 

 

つまり、

誰がやっても勝てる交渉、裁判なのです。

(論点によってはこの限りでない)

 

 

大手事務所だと件数が多いので、

和解交渉を早期決着させるために

少ない金額で落着させがちです。

 

 

これって、

依頼者の立場に立ってないですよね~

 

 

しかし、

若手で暇な司法書士や弁護士は

時間が潤沢にあります。

 

 

なので、

依頼者のために徹底的に時間と

手間暇をかけて和解交渉をします。

 

 

そして、「訴訟も辞さない!」覚悟で

依頼者のために100%に近い和解金を

ゲットするでしょう!

 

 

実は、その方が、自分の実入り(報酬)も

多いからです。

 

 

つまり、両者ウインウインの関係になるのです!

 

 

それと、

依頼したらそのまんま放置しないようにして下さい。

 

 

「こちらから依頼した司法書士や弁護士に

 定期的に連絡を取らなければいけないのか?」

という、そんな面倒くさい事はしません。

 

 

ズバリどういう風にするかというと、

弁護士や司法書士から

進捗状況の報告をさせるようにします。

 

 

具体的に言うと、

依頼する時に以下の条件を付けてみて下さい!

 

 

「定期的に口頭ではなく、

 書面で進捗状況の報告をお願いします」

と言って下さい。

 

 

ちなみに、

それを、嫌がるようでは

辞めておいた方がええと思います。

 

 

過払いは、

「安く」、

「報告マメな若手で暇な司法書士・弁護士」

にお任せ下さい。

 

 

しかし、人間って心理的に

「忙しい人」

に仕事をお願いしたくなるんですよね~

 

 

理由は色々ありますが、

やはり仕事が出来て信頼出来ると思うからです。

 

 

開業したての時、師匠から

「忙しいふりをしろ!」

とよく言われたものです(笑)。