民事信託、相続登記手続、遺言書作成、新築・中古不動産売買
に基づく不動産登記、成年後見業務に力を入れております。

廣森司法書士事務所logo
吹田市の司法書士事務所 廣森司法書士事務所連絡先

〒564-0052 大阪府吹田市広芝町9-12 第11マイダビル4F
(御堂筋線・北大阪急行 江坂駅 徒歩3分)

土日祝営業の司法書士事務所って、ほとんど無いので、それだけでブランディングやと思います!

毎度です

 

不動産営業出身 大阪・吹田市の

 FP(ファイナンシャルプランナー)兼

司法書士 廣森良平です。

 

 

 

今日は、

 

私のおばさんの納骨式に参加しました。

 

 

 

 

 

 

風と雨が強い中、

 

厳かに行われました。

 

 

 

 

 

 

その時の住職さんの言葉が心に響いたので、

 

ご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

人間は死ぬと、魂とは別の借物の肉体は土に返る・・・。

 

 

 

 

 

土に返るには、

 

雨も必要、

 

雪も必要、

 

風も必要、

 

暑い日も必要、

 

寒い日も必要なのだという事です。

 

 

 

 

 

人生も雨も雪も風邪も暑い日も寒い日もありますよね~。

 

 

 

 

 

 

もしかすると、

 

晴れで過しやすい気候の時って、

 

人生にはあるのでしょうかね~?

 

 

 

 

 

 

無いとすれば、

 

死んであの世に行って成仏した時なのか?

 

 

 

 

 

 

あったとしても、

 

直ぐに、雨や雪や暑い日も寒い日が

 

来るのやと思います。

 

 

 

 

 

 

だったら、晴れで過しやすい気候の時って、

 

最初から無いと思っていた方が、

 

気~楽ですよね~。

 

 

 

 

 

しんどいのが当たり前・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、自分って、出来ているのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多分出来てません・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっと、もっと、もっと

 

しんどい思いをせなあきません!

 

 

 

 

 

さて、なんでこんな事を言うのかというと、

 

司法書士の仕事の受注先はなんと言っても、

 

不動産会社です。

 

 

 

 

 

 

そして、相続遺言の問題等、

 

法律問題でお悩みの個人の方全員です。

 

 

 

 

 

 

ちなみに、当然ながら

 

不動産業界は日祝も仕事をしています。

 

 

 

 

 

 

個人の方も平日に仕事をしているので、

 

どうしても、相続遺言の相談があれば、

 

日祝にしたいはずです。

 

 

 

 

 

しかしながら、

 

日祝営業って喧伝している司法書士って

 

あると思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネットで調べてみましたが、ほとんどありません。

 

 

 

 

あったとしても、

 

予約があれば土日も対応しますと書いています。

 

 

 

 

 

ここで

 

日祝営業」と喧伝すれば、

 

それだけで差別化されるし、

 

立派なブランディングとなります。

 

 

 

 

 

 

しかしながら、これを言い切るのは、

 

環境を整え、土台作りをした上で言わないと、

 

言った言葉に責任を持てないですよね~。

 

 

 

 

 

 

 

現実問題、人材と経費の問題、

 

そして、やはり一番はスタッフのモチベーションが

 

大事ですからね~。

 

 

 

 

 

 

実際に、僕は、大半の日祝

 

事務所で仕事をしていますが、

 

どうしてもに用事があって

 

事務所に出れない時があります。

 

 

 

 

 

 

年に3回ある法事は土曜日ですし、

 

3月第2土曜日は池高ゴルフコンペの永久幹事をしているし

 

司法書士会の総会や支部の総会もあるし、

 

私が積極的に参加している異業種交流会のイベントもあるし・・・。

 

 

 

 

 

 

でも、こんなこと言うてたら、

 

いつまで経っても実現出来ないし、、、、、、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

まずは、

 

妻とスタッフとよ~く話あって、

 

今年中には実現したいと思います!

 

 

 

 

 

 

そして、ここで一番大事なのは、

 

スタッフのモチベーションと

 

スタッフとスタッフの家族の理解ではないか!?

 

と思います。

 

 

 

 

 

 

もちろん、

 

お金も大事ですが、

 

お金だけでも無いと思います。

 

 

 

 

 

それは、結局、、、、、、、、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕なんでしょうね~。

 

 

以上
不動産法務・不動産実務・不動産登記に特化した

不動産業界出身司法書士兼

ファイナンシャルプランナー(FP)の廣森でした。