民事信託、相続登記手続、遺言書作成、新築・中古不動産売買
に基づく不動産登記、成年後見業務に力を入れております。

廣森司法書士事務所logo
吹田市の司法書士事務所 廣森司法書士事務所連絡先

〒564-0052 大阪府吹田市広芝町9-12 第11マイダビル4F
(御堂筋線・北大阪急行 江坂駅 徒歩3分)

不動産登記で損をしない為に!

新しい時代が到来!これからは、あなたが司法書士を選ぶ時代です!!

住宅購入時、住宅ローン完済時、相続発生時に、実務的に絶対しなければならない、
「登記」ってご存知ですか?
(厳密に言うと、法律上、絶対に登記をしなければならないという事はありません。)
「聞いた事はあるけど、詳しく知らない?」、「何それ?」という人が殆どです。

何故なら、登記の重要性について、大学の法学部以外では、学校で習わないし、私達、司法書士が市民の皆様に登記の重要性について、お伝えする努力を怠って来たからです。

つまり、私も含め、司法書士に大きな責任があります。

登記の重要性については、このHPに出来るだけ法律の素人の方でも理解できるように簡単に、
それでいて詳しく記載しています。
読んでいただけたら幸いです。ご質問やご相談も随時受付ます。

例えば、一般の方で、初めて登記手続きにかかわるケースとして挙げられるのが、夢の住宅購入時です。

住宅購入時から登記手続までの、大体の一連の流れ。

不動産会社に住宅を探す相談

 

購入したい住宅が見つかる

重要事項説明及び契約、事前に若しくは並行して住宅ローンの審査

金銭消費貸借契約(通称、金消「きんしょう」と言います。)

審査が通り、住宅ローンを借りる契約

決済(または取引と言います。)

銀行の一室にて、お金を売主に渡し、同時に売主からお家の鍵を貰う。

この時になって、初めて、あまり聞いた事のない、 マイナーな職業である「司法書士」という職業の人に出会います。
その際に、銀行の一室で、登記に必要な書類を数枚署名し、そして、実印を押します。
そして、言われるがままに、その余白に捨印というものも押します。

実は、この捨印というものは「もの凄く恐ろしいものなのです!」

簡単に言うと「書類を全く違う内容に書き換える事」が出来るのです。

つまり、何でもありなのです。

※詳しくは、法律実務書もしくは、漫画、「ミナミの帝王 」第六巻の「壊れた友情」のところを、
漫画喫茶もしくはブックオフに行って読んでみて下さい。

実際に、印鑑にまつわるトラブルや裁判は無数に存在しています。

ところで、実務的に金融機関の口座振替の書類には大概、捨印を押します。 これは、金融庁が監督し、誰もが知っている信用のおける金融機関だからこそ、押せるものなのです。

しかしながら、たとえ、公的な資格である司法書士とはいえ、初めて出会い、 そして、決して有名ではない職業で、素性のわからない人から言われるがままに「捨印」を押すという行為は、 恐ろしいとは言わないまでも、すこし「気持ち悪い」事なのです。
おそらく、「もう信用するしかない。」「多分大丈夫だろう・・・。」という雰囲気で、言われるがままでしょう。

そして、夢の住宅を購入すると、その次は「不動産にまつわる色々な心配事」が付きまといます。

いくつかの例を挙げると

  • 贈与をする
  • 賃貸に出す
  • 抵当権を抹消する
  • 売却しようと思ったが高齢のため判断力が無くなった
  • 相続が開始した

以上の項目は全て法律的に解決しなければならず、そして法律に乗っ取った手続が必要になります。 そこで、 以前に登記手続きのお世話になった司法書士に相談しようと思っても「一度しか面識が無い し・・・。」、「昔の事なので覚えていないし・・・。」という事になります。

私は、9年間の司法書士の経験を通し、市役所・消費者センター・社会福祉協議会の相談員を務めまし たが、相談時に必ず相談者に「お家を持ってますか?」と尋ねます。
そして、持っているのであれば「それでは、その時に登記手続きでお世話になった司法書士に相談して みたらいかがですか?」と尋ねると、大概上記と同じ回答が返ってきます。

これは、笑い事ではなく、本当に司法書士が今まで努力を怠ってきた証左であり、この事について、司法書士はもっと真摯に受けとめなくてはなりません。

つまり、市民の方は、いざ問題が起きると途方にくれてしまい、時間と労力をかけて専門家を探すしかないのです。

また、やはり、デリケートな法律相談は何かの縁があって知り合い、良好な人間関係を構築する事が出来た専門家に頼みたいというのが人情だと思います。

結局、大半の方には、面識があり、気軽に法律相談の出来る専門家がそばにいないと思われます。

そこで!

私という司法書士及び私という人間を分かって頂く為にしていること

私は、これから住宅を買う方に私の執務姿勢及び素性並びに人間性を知って頂きたいと思っております。
とは言え、これから住宅を買おうと思われている方に、私の事務所にただ単に「来て下さいね!」と言うだけでは、全く意味がありません。

むしろ面倒くさいと思います。

よって、私はこれから住宅を買おうと思われている方に、一度事務所に来ていただき「不動産や住宅ローンにまつわる私の知る限りのノウハウ」をお伝えし、共に話し合い、私という人間も知って頂きたいと思っております。
そして、一度、手続きの依頼をお受けした方にとっての「法律やお金に関するコンシェルジュ」になりたいと思います。
私は、宅建主任者・住宅ローンアドバイザー・2級FP技能士(ファイナンシャルプランナー)という資格がありますが、ペーパー資格ではありません
どれも全て、不動産業界及び司法書士業界での実務経験に裏付けされた資格です。

つまり、私は一般的な法律・税金に関する相談、第三者的な立場で、住宅購入・住宅ローン相談をする事が出来ます。

そして、その相談の際に、私の「司法書士の会員証」・「車の免許証」・「各種資格の合格証書及び登録証」・「業務で損害を与えた場合の損害保険証書(4億まで賠償可能)」の提示もさせて頂きます。

「コピーが欲しい」という方には、もちろんコピーも差し上げます。

私は、住宅購入の際、最終的な手続きである、登記だけの司法書士には、なりたくないのです。
私は、住宅を買おうと思っている方と共に話し合い、時には厳しい意見もお互いに出し合う事を通じて、絆を深めて行きたいと思っております。

そして、私という司法書士及び私という人間を分かって頂き、ご納得の上で、住宅を購入される際の登記手続きを私に依頼をして頂き、ご納得の上で書類に印鑑を押して頂きたいのです。

私と相談し、ご納得がいかない、若しくは好きになれないのであれば、私に対する登記の依頼をしないでください。

そして、登記手続後も、皆様が気軽に相談の出来る、法律とお金の専門家であり続けたいと思っております。

今後とも、廣森司法書士事務所をよろしくお願い申し上げます。