家族信託(民事信託)、相続登記手続、遺言書作成、
新築・中古不動産売買に基づく不動産登記に力を入れております。

廣森司法書士事務所logo
吹田市の司法書士事務所 廣森司法書士事務所連絡先

〒564-0052 大阪府吹田市広芝町9-12 第11マイダビル4F
(御堂筋線・北大阪急行 江坂駅 徒歩3分)

最近の日本の異常気象について思うこと。

毎度です

 

不動産営業出身 大阪・吹田市の

FP(ファイナンシャルプランナー)兼

司法書士 廣森良平です。

 

 

 

最近、

 

異常気象のため


全国各地で水害のニュースが後を絶ちません。

 

 

 

 

世界的な異常気象で


日本の気候も変わってしまったんでしょうか?

 

 

 

 

それに、つい最近まで、


車の温度計を見ると39度 とかやったのに、


昨日一昨日なんかは、


仕事が終了し車で帰る時の温度計は


20度 を指しています。

 

 

 

 

この温度差はホンマに体に応えますね~。

 

 

 

 

さて、


今までの私の経験上、


「洪水マップ」を見てから


お家を買うという人はほんの少数でした。

 

 

 

 

しかし、


この全国的な水害で、


これからお家を買う時に、


自治体が発行している「洪水マップ」


というものを見てから購入に踏み切る人達が


増えてくるかもしれません。

 

 

なぜなら、


ニュースでも「観測史上最大」


というキーワードが頻発しています。

 

 

 

ところで、豊中市では


「100年に一度の雨量を想定して」とか、


時間雨量80ミリを想定して」とかで


洪水マップが作成されています。

 

 

 

 

ちなみに、先月8月末頃に、


西宮市では観測史上最大時間雨量78ミリの降雨により、


床上・床下浸水の被害が発生しております。

 

 

 

 

なんと、


お隣の兵庫県では


豊中市の想定時間雨量に迫る


時間雨量の降雨が発生しているのです。

 

 

 

 

なので、


日本国民全員が


万が一の時の危機に対応する意識を


高めていかないとあきません。

 

 

 

さて、


洪水ハザードマップを見たいのであれば、


国土交通省の「あなたの町のハザードマップポータルサイト」


参考にするといいでしょう。

 

 

以上

不動産法務・不動産実務・不動産登記に特化した

不動産業界出身司法書士兼

ファイナンシャルプランナー(FP)の廣森でした。