家族信託(民事信託)、相続登記手続、遺言書作成、
新築・中古不動産売買に基づく不動産登記に力を入れております。

廣森司法書士事務所logo
吹田市の司法書士事務所 廣森司法書士事務所連絡先

〒564-0052 大阪府吹田市広芝町9-12 第11マイダビル4F
(御堂筋線・北大阪急行 江坂駅 徒歩3分)

違う意味でなかなか難しい、不動産契約時の立会

毎度です

 

FP(ファイナンシャルプランナー)兼

司法書士 廣森良平です。

 

私の事務所のHPを見て、

「不動産購入時の登記はもちろんの事、

重要事項説明と不動産の契約にも

立ち会ってもらえないか?」

というような、お問い合わせがしばしばあります。

 

その時、私は「極力立ち会わないようにしてます。」

 

 

「なぜ!?」と

 

 

思われる方もいらっしゃると思います。

 

 

決して、面倒くさいからではありません!

 

 

理由は

 

私が契約に立ち会ってしまうと、

せっかく、築いた営業マンとの円滑な人間関係が

ギクシャクする可能性があるからです。

 

だからと言って、

 

営業マンの言われるがままに、

署名捺印して下さいとも言いません!

 

そこで、ちょっと、皆さまも少し考えてみてください!

 

「自分自身がお客様に親身になって誠心誠意尽しているのに、

猜疑心の塊でしか接してこないお客様だったらどの様に感じますか?」

 

少し、切ないですよね~

 

営業職の方でなくとも

この気持ちはお分かりになられると思います。

 

例えば、夫婦間・友達間でも、相手から疑われれば疑われるほど、

少し、悲しくなる事ってありますよね。

 

実は、私の経験則上、

優秀で親身な不動産営業マンは、

お客様から心の底から頼られると

いつも以上の力を発揮し

今まで以上に

「このお客様のためなら!」と言う気持ちになります。

 

となると、司法書士の私が契約時に立ち会うと、

職業柄「疑ってかかる性質の職種」なので(笑)←仕方ないですよね!

どうしても、その場の雰囲気が多少、重々しくなりがちです。

 

ほとんどの営業マンは、

「今まで、私の事、信用してくれてなかったんだ・・・。」と

少し、思っているのではないかなと思います。

 

なんとなくなのですが、その場の雰囲気で

多少わかってしまうんですよね。

 

そこで、

「不動産契約時に立ち会って欲しい」

というお客様に対して私がさせていただく、提案は次のとおりです。

 

「〇〇さん、それでは、重要事項説明書と契約書のコピーを事前に取り寄せて、私に一度見せて下さい。」と言います。

 

そして「私が質問事項等をピックアップするので、それをメモにして契約にのぞんで下さい。」と言います。

 

「その質問事項に対する回答について、いまいち解らない、もしくは、納得いかない時は、その日に署名捺印するのではなく、一度、持ち帰って再度、私に伝えて下さい」とご提案し、私はあくまで黒子に徹します

 

これなら、人間関係がギクシャクする事はないですよね ♪

 

それでもなお、立ち会って欲しいという時だけ、

一契約10,000円で

立ち会いをさせていただいています。

 

ところで、不動産は縁のものであり、

「良い不動産を購入するキーポイント」

絶対に、信用・信頼出来る不動産営業マンと出会う事です。

 

これは、100人の不動産営業マンが100人とも口を揃えて言いますし、

不動産購入の指南本やネットを見ても、ほとんど、その様に記載しております。

 

不動産購入について、

第三者的な立場で公平・公正・中立な立場で相談する

人間を探している人は、

一度、お気軽にお問い合わせください。

 

本日は、不動産契約の立会依頼のお話しについて