家族信託(民事信託)、相続登記手続、遺言書作成、
新築・中古不動産売買に基づく不動産登記に力を入れております。

廣森司法書士事務所logo
吹田市の司法書士事務所 廣森司法書士事務所連絡先

〒564-0052 大阪府吹田市広芝町9-12 第11マイダビル4F
(御堂筋線・北大阪急行 江坂駅 徒歩3分)

廣森の経歴 激動の不動産営業マン時代  その4

毎度です

 

不動産営業出身 大阪・吹田市の

FP(ファイナンシャルプランナー)兼

司法書士 廣森良平です。

 

 

 

第1次面接が開始しました。

 

私は一通り「自己PR」「志望動機」をお伝えしましたが、

 

そこに突っ込む様子もあまりありませんでした。

 

 

 

むしろ、

 

「会社の厳しさ」

 

「営業の厳しさ」

 

「清濁併せ吞む事を出来るか?!」 ←(なんなんそれ?!)

 

という意思確認を

 

終始されていたのを覚えています(笑)

 

 

「めっちゃ!キッツイんやろな~!?」

 

思いながら、一次面接はパスし、

 

次は2次面接です。

 

 

 

2次面接も終始、

 

「会社の厳しさ」

 

「営業の厳しさ」

 

「清濁併せ吞む事を出来るか?!」 ←(なんなんそれ?!)

 

という意思確認を

 

終始されていたのを覚えています(笑)

 

 

「ホンマにめっちゃ!キッツイんやろな~!?」

 

と思いながら、

 

「なんか、悪い事もやらせられるんちゃうやろか?」

 

という心配もしていましたが、

 

すぐに採用の通知が来ました。

 

 

 

「こんな簡単に決まってもええんやろか?!」

 

と思いつつも、

 

そのA社に入社する事を決めました。

 

 

 

理由は

 

「厳しかろうが、なんだろうが、何を売ろうが、何をしようが、

 

 もう一度、厳しい世界の営業というものを経験したかったからです。」

 

 

 

そして、

 

「ここで、成績上げたる!!

 

「これも、なんかの縁や!!」

 

と思い、「A社で出世したろ!」

 

と腹をくくりました。

 

 

条件は年収350万円、

 

週休隔週2日です。

 

 

この条件をエエと思うか悪いと思うか、

 

人それぞれですが、

 

当時の僕は、

 

「そんなもんどっちでも良かったです

 

 

新卒時に入社した会社を

 

1年で辞めた僕みたいな人間を、

 

再度、営業で雇ってくれた事が

 

私自身、すごく嬉しかったし、

 

とても恩義を感じていました。

 

 

 

そして、遂に初入社の日を迎えました。

 

 

 

続きは次回・・・。

 

 

以上

不動産法務・不動産実務・不動産登記に特化した、

不動産業界出身司法書士兼

ファイナンシャルプランナーの廣森でした。