家族信託(民事信託)、相続登記手続、遺言書作成、
新築・中古不動産売買に基づく不動産登記に力を入れております。

廣森司法書士事務所logo
吹田市の司法書士事務所 廣森司法書士事務所連絡先

〒564-0052 大阪府吹田市広芝町9-12 第11マイダビル4F
(御堂筋線・北大阪急行 江坂駅 徒歩3分)

廣森の経歴 激動の不動産営業マン時代  その24

毎度です

 

不動産営業出身 大阪・吹田市の

FP(ファイナンシャルプランナー)兼

司法書士 廣森良平です。

 

 

 

本日はユルネタ。

 

 

廣森の経歴です。

 

 

前回の続き・・・。

 

 

 

 

平成12年1月からまた

 

ゼロからのスタートです。

 

 

 

正月気分が抜けてきた頃から、

 

不動産購入予定の方が

 

活動を開始し始めます。

 

 

 

営業経験を重ねると、

 

「このお客様は買って頂けそう!」

 

「このお客様は買って頂けない!」

 

と分かるそうです。

 

 

 

 

 

なので、経験のある人は、


「買って頂けそう」と思う人には全力投球!

 

「買って頂けそうにない人」には

 

手際よく短時間で接客を済ませるそうです。

 

 

 

 

 

しかし、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなん、

 

わかりようもありません!

 

 

 

むしろ、

 

モデルルームに来て頂いたんだから、

 

10人中8人位、買って頂けるのでは?!

 

とアホみたいな事を思っていました。

 

 

 

 

なので、

 

全部のお客様を全力投球で接客をしていたので、

 

資金的に合わない買い替えが絡んだり、

 

自営業者で住宅ローンが付きにくい方でも

 

懸命に接客をしてました。

 

 

 

 

しかし、それをしていると

 

上司から怒られました。

 

 

 

 

 

理由は、

 

「買えない客を一生懸命接客しても無駄や!」

 

との事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、、、、、、、、、、、、、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな事位、

 

私もわかっていました。

 

 

 

 

 

「でも、商売って、タイミングですやん!」

 

 

「今、無理でも将来的に買える時が絶対に来るんで、

 

 そこを蔑ろにしては絶対にアカンと思いますねん!」って、

 

心の中で叫んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言えなかったですね~。

 

 

 

 

 

まだ、1件しか売った事がないので、

 

自分にまだ自信もなかったし、

 

上司の立場としての

 

上司の言う事も分かるからです。

 

 

 

 

でも、

 

将来的に独立しようと思っていたから

 

「軸だけはぶらさんとこ!」と思い、

 

上司の言う事は適当に対処していました。

 

 

 

 

そういう思いの軸で、接客していたら、

 

その現場で、私はなんと、、、、、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成12年1月度、

 

その現場で2位の成績を収めました。

 

 

 

 

 

トップは1ヶ月で8件、

 

僕はなんと5件も売れる事が出来たのです!

 

 

 

 

あとのメンバーは

 

軒並み2~3件という売上です。

 

 

 

確かに、ラッキーパンチもあると思いますが、

 

この時、僕は確信しました。

 

 

 

「軸ってぶれたらアカンわ~」

 

です。

 

 

 

続きは次回・・・。

 

 

以上

不動産法務・不動産実務・不動産登記に特化した

不動産業界出身司法書士兼

ファイナンシャルプランナー(FP)の廣森でした。