家族信託(民事信託)、相続登記手続、遺言書作成、
新築・中古不動産売買に基づく不動産登記に力を入れております。

廣森司法書士事務所logo
吹田市の司法書士事務所 廣森司法書士事務所連絡先

〒564-0052 大阪府吹田市広芝町9-12 第11マイダビル4F
(御堂筋線・北大阪急行 江坂駅 徒歩3分)

廣森の経歴 激動の不動産営業マン時代  その27

毎度です

 

不動産営業出身 大阪・吹田市の

 FP(ファイナンシャルプランナー)兼

司法書士 廣森良平です。

 

 

本日もゆるねた。

 

 

前回の続き

 

 

 

平成12年4月になり、

 

新入社員が入社してきました。

 

 

 

 

 

聞くところによると、

 

某有名私大、

 

某有名国立大学出身


ばかりです。

 

 

 

 

 

「みんな非常に優秀でした。」

 

 

 

 

「みんな夢にあふれた顔をしていました。」

 

 

 

 

話を聞くと、

 

「不動産証券化スキームにいつか携わりたい

 

「マンションの企画から広告宣伝活動に携わりたい

 

「マンション用地の仕入れをして大きな取引をまとめたい

 

という素晴らしい夢と志を持っていました。

 

 

 

 

それに、みんなすごく素直で、

 

擦れていないので、

 

自分自身「こいつらを育てて行かなアカンねや!」

 

と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「でも、電話帳で電話営業せえ!

 

 と言われたら、この子らもつかな?」

 

という不安もよぎりました。

 

 

 

 

新入社員はとかく、

 

仕事の夢が膨らみ過ぎており 、

 

理想と現実の狭間で苦悩 すると

 

なんかの本で読んだ事がありました。

 

 

 

 

「電話営業で罵詈雑言を浴びせられて、

 

この子ら耐えられるんやろか?」

 

と思う反面、

 

「電話営業こそ不動産の営業の基本」


と思っていたので、

 

私も必死でテンションを異常に高く持って行き 、

 

電話営業をしていました。

 

 

 

 

 

もしもし!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしもし!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしもし!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしもし!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしもし!!!!

 

 

とういう様な感じです(笑)

 

 

 

 

さらに、

 

仕事中も、

 

休憩中も、

 

吞んでいる時も、

 

「電話営業こそ基本!」という事を、

 

延々と説いていました。

 

 

 

 

ここまで来ると、、、、、、、、、、、、、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

洗脳です!(笑)

 

 

 

 

アカンかった不動産営業マンが

 

今になっては、


新入社員に不動産営業の仕事を


教えるようになりました。

 

 

 

 

27歳という若さでしたが、

 

「後輩を育てて行かなければならない

 

と思い始めた、廣森の春でした。

 

 

以上

不動産法務・不動産実務・不動産登記に特化した

不動産業界出身司法書士兼

ファイナンシャルプランナー(FP)の廣森でした。