家族信託(民事信託)、相続登記手続、遺言書作成、
新築・中古不動産売買に基づく不動産登記に力を入れております。

廣森司法書士事務所logo
吹田市の司法書士事務所 廣森司法書士事務所連絡先

〒564-0052 大阪府吹田市広芝町9-12 第11マイダビル4F
(御堂筋線・北大阪急行 江坂駅 徒歩3分)

廣森の経歴 激動の不動産営業マン時代  その15

毎度です

 

不動産営業出身 大阪・吹田市の

 FP(ファイナンシャルプランナー)兼

司法書士 廣森良平です。

 

 

前回のゆるねたの続き・・・。

 

 

 

僕以外の他の営業マンは、


新規来場のお客様を接客し、


着々と契約を上げてました。

 

 

 

 

 

多い人で5件(後に私の不動産営業の師匠となる)

 

少ない人で1件

 

大体、平均して2件の契約を上げていたと思います。

 

 

 

 

 

そこで、、、、、、、、、、、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は、、、、、、、、、、、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゼロ

 

 

 

 

 

今回のマンションの売主である会社の担当者から、

 

「廣森外してくれへんか!?


という声も上がっていたようです。

 

 

 

 

 

そして、モデルルーム終了後、

 

営業マンの接客したお客様の状況を

 

その事業主の担当者からのヒアリングが入ります。

 

 

 

 

 

僕以外の担当営業マンは、

 

理路整然と受け答えるのですぐに終了ですが、

 

僕は、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつまで経っても終わりません・・・。

 

 

 

 

 

業界用語で「詰めると言います。

 

(今でも思い出すと吐き気がします (笑))

 

 

 

 

以下事業主との担当者とのやりとり。

 

 

 

 

担当者 「なんで買わへんの?

 

 

   「立地条件が合わないそうです。

 

 

担当者 「どんな立地条件がいいの?

 

 

   「駅から徒歩5分以内・・・。

 

 

担当者 「駅って言っても、何線のどこの駅

 

 

   「たぶん、御堂筋線の〇〇駅やと思います・・。

 

 

担当者 「思いますって、あんた!

      なんでそこらへんを突っ込んで聞かないの?

 

 

   「すみません・・・。聞けていませんでした・・・。

 

 

担当者 「すみませんっで済むと思ってんのん?

 

 

   「いや、思っていません・・・。

 

 

担当者 「そしてたら、なんで聞かれへんのん?

 

 

   「・・・。

 

 

担当者 「黙っててもわからへんし!!

 

 

   「それは・・・。いや・・・。あの・・・。

 

 

担当者 「あのさーー!!

      このお客様一人呼ぶのに、

      うちの会社がどれだけお金かけているか分かる?!

 

 

   「ハイ・・・。

 

担当者 「もういいわ!

      「そしたら〇〇さん夫婦の実家って何処?

 

 

   「いや、聞けてません・・・。

 

 

担当者 「廣森、お前!住まいって、

      地縁が無いとなかなか買われへんけど、

      そういった大事な事も聞けてないのん?

 

 

   「すみません・・・。

 

 

担当者 「じゃあ〇〇は?

 

 

   「それは・・・。

 

以上の様なやり取りが延々と続きます。

 

 

 

 

 

なので、

 

他の営業マンは私の事業主からの詰めが終わるまで、

 

帰宅する事が出来ません。

 

 

 

 

 

僕は、事業主だけでなく、

 

回りの仲間すらにも迷惑をかける、

 

ホンマにアカンタレの営業マンでした。

 

 

 

 

 

そもそも家というものは、

 

広さ・価格・場所のバランス

 

で決まります。

 

 

 

 

広くて、安くて、場所が良い住まいってありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絶対にありません!

 

 

 

 

そんなマンションは、

 

耐震偽装のヒューザーのマンション しかありません。

 

 

 

 

なので、

 

新築マンション営業マンというのは、

 

そのバランスのとり方や考え方を

 

導いてあげれるようにする事だと思います。

 

 

 

 

 

そして、確かに色々なヒアリングをしなければいけないのですが、

 

僕はそれを聞かなアカンと思うあまりに

 

僕の接客は、

 

ある人曰く

 

まるで、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

警察の取り調べみたいやったそうです(笑)・・・。

 

 

 

 

 

続きは次回・・・。

 

 

以上

不動産法務・不動産実務・不動産登記に特化した

不動産業界出身司法書士兼

ファイナンシャルプランナー(FP)の廣森でした。