家族信託(民事信託)、相続登記手続、遺言書作成、
新築・中古不動産売買に基づく不動産登記に力を入れております。

廣森司法書士事務所logo
吹田市の司法書士事務所 廣森司法書士事務所連絡先

〒564-0052 大阪府吹田市広芝町9-12 第11マイダビル4F
(御堂筋線・北大阪急行 江坂駅 徒歩3分)

廣森の経歴 激動の不動産営業マン時代  その20

毎度です

 

不動産営業出身 大阪・吹田市の

 FP(ファイナンシャルプランナー)兼

司法書士 廣森良平です。

 

 

前回の続き・・・。

 

 

 

奥さんとご主人と私の3人でモデルルームの中で

 

順調にお話しが進みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あれ?!この人たちこのマンション欲しいんかな?」

 

と思いましたが、

 

「いやいや!ぬか喜びになったら嫌やし焦らんとこ!

 

と思っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、私はここで、

 

「安い社宅にもっともっと住んで、

 

 自己資金貯めてから買っても遅くないのでは?」

 

と敢えて、購入を一度考えなおしてみては?

 

というお話しをしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、

 

「あと、1年位で社宅を出ていかなアカンし、

 

 奥様連中の人間関係も煩わしいし、

 

 そろそろ子どもも考えてるし・・・。」

 

と言うのです。

 

 

 

 

 

明らかに、買う理由が揃っています!

 

 

 

 

 

「あっ?!この方たちは今十分買うべき理由が揃っているな・・・。」

 

と思いつつも、

 

「いやいや!ぬか喜びになったらアカン! と思い、

 

「でも、〇〇さん、隣にも新築マンションが出来るので、

 

 そこもまずは見て下さい!」

 

とここでも、敢えて、購入を一度考えなおしてみては?

 

というお話しをしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下、やりとり。

 

 

奥さん 「もう、既に見てきました!」

 

 

僕   「そうでしたか!うちよりもやや価格も安く、

 

     物凄くバランスが取れていて、

 

     こんな事も言うのも何なんですが、

 

     良いマンションだとおもうのです。」

 

心にもない事を言うと(笑)

 

 

 

奥さん 「いや~。なんかチャッチイし、

 

      向こうの営業マンってなんかしつこくて 感じ悪いし・・・。」

 

 

 

 

 

僕   「いやいや!熱意も大事ですよ!

 

     私もこのマンションの良い所を挙げたらきりがないし・・・。

 

     本当はしつこい位物件の良い所をPRしたいし・・。(笑)」

 

 

 

 

 

奥さん 「このマンションが良いのは十分に分かってるし、

 

      それに廣森さんって話やすいですよ !」

 

 

 

 

 

 

僕   「そうですか?それは奥さんと一緒で、私が豊中出身で

 

     豊中の特に北摂を愛しているからとちゃいます? 」

 

とアホみたいな事を喋っていましたが、

 

心の中では

 

「物件のしつこいPRせんで良かった~」

 

と胸を撫で下ろしていました。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後もアホみたいな事を喋っていまいたが、

 

突然、ご主人が「手付金って、いくらいるのん?」

 

と言ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

以下、会話のやりとり

 

 

 

僕   「価格の10%です。」

 

 

 

ご主人 「5%でもええノン?」

 

 

 

僕   「良いですけど、中間金で再度、

 

     5%入れてもらう事になりますが、よろしいですか?」

 

 

 

ご主人 「いやいやそれやったら最初から10%入れとくわ」

 

 

 

僕    「最初に10%ご入金できるなら、そちらの方が良いですね。」

 

 

 

ご主人 「そしたら、購入したいのですけど、

 

     どの様な手続きを踏めばいいですか?」

 

 

 

僕    「ハイ、今後のスケジュールを資料を使ってご説明するので

 

      少々お待ち下さい!」

 

と言って、控え事務所に戻りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

戻る最中、

 

「〇〇さん買いたいって言ってるけどホンマやろか?

 

とこの後に及んでも疑っていました(笑) 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜなら、

 

今まで数字を挙げた事がないので、

 

なにぶん、初めてするお客様との会話だったので・・・ (笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

控え事務所で上司に詳細に報告した所

 

上司から

 

「お前アホか!」

 

「そのお客様は買いたいと思ってはんねん!」

 

「今はどんな状況や!」

 

と聞くので

 

僕は「こんなこんなでこんな状況です!」

 

と半分、呂律が回らなく説明すると ←アホ

 

上司が「俺も入る!」

 

「お前には任せてられへん!」

 

と言って、

 

何とか、無事に申込みと契約の案内の手続を終えました。

 

 

 

 

続きは次回・・・。

 

 

以上

不動産法務・不動産実務・不動産登記に特化した

不動産業界出身司法書士兼

ファイナンシャルプランナー(FP)の廣森でした。