家族信託(民事信託)、相続登記手続、遺言書作成、
新築・中古不動産売買に基づく不動産登記に力を入れております。

廣森司法書士事務所logo
吹田市の司法書士事務所 廣森司法書士事務所連絡先

〒564-0052 大阪府吹田市広芝町9-12 第11マイダビル4F
(御堂筋線・北大阪急行 江坂駅 徒歩3分)

相続人が海外在住、または何らかの理由で外国籍の場合

毎度です

不動産営業出身 大阪・吹田市の

FP(ファイナンシャルプランナー)兼

司法書士 廣森良平です。

 

 

相続人の中で、

 

日本に住んでいない人や

 

何らかの理由で外国籍になってしまった人がいると、

 

相続は本当に大変になります。

 

 

 

そして、本日は、

 

もう一つの厄介事を書いて行きます。

 

 

 

 

それは、

 

日本で住んでいない人や外国籍の人には

 

財産の名義を書き換える事が出来ないという問題が

 

発生する場合もあるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、

 

日本の税法上の問題に

 

ひっかっかてしまうからなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、税法上、

 

日本国籍で日本に住んでいる人しか

 

保有できない金融商品があるという事なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、

 

こういう場合は

 

名義の変更が出来ないため

 

お金に換えて財産分けを

 

しなければいけないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「お金でもらえるからええやん!」

 

という人もいるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしながら、

 

金融商品として保有していたからこそ、

 

潤沢な金利を得ていたのに、

 

解約した事により、

 

その恩恵を受ける事が出来ない不利益を

 

被ってしまうからなのです。

 

 

 

 

 

また、

 

換金するにしても、

 

被相続人と相続人との関係を証明するのも、

 

時間と労力とお金もかかります。

 

 

 

 

 

なので、

 

円滑かつ早期の財産分けのためにも、

 

あなたの気持ちのこもった、

 

家族に対するラストラブレターと言われている

 

「遺言書」

 

を是非とも書いて頂きたいと思います。

 

 

以上
不動産法務・不動産実務・不動産登記に特化した

不動産業界出身司法書士兼

ファイナンシャルプランナー(FP)の廣森でした。