家族信託(民事信託)、相続登記手続、遺言書作成、
新築・中古不動産売買に基づく不動産登記に力を入れております。

廣森司法書士事務所logo
吹田市の司法書士事務所 廣森司法書士事務所連絡先

〒564-0052 大阪府吹田市広芝町9-12 第11マイダビル4F
(御堂筋線・北大阪急行 江坂駅 徒歩3分)

相続登記の意外な発見!?

毎度です

 

不動産営業出身 大阪・吹田市の

 FP(ファイナンシャルプランナー)兼

司法書士 廣森良平です。

 

 

 

相続登記手続きで、

 

意外な発見がありました。

 

 

 

 

 

 

それは、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「相続登記、つまり相続人に名義変更をしてしまうと、

 

 莫大な相続税がかかってしまうじゃないか!」

 

誤解されている方が

 

本当に多いという事です。

 

 

 

なので、

 

土地とお家の持ち主であるご主人

 

両親やおじいちゃんやおばあちゃんが亡くなっても、

 

相続登記を放置したままの方が、

 

意外にも多くいらっしゃるという事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、みなさん・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全く関係ありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、

 

相続登記をしたからと言って、

 

相続税がかかるわではありません。

 

 

 

 

ここで、相続税がかからない

 

と言うと誤解があるので補足しますが、

 

相続税は基礎控除以内の財産であれば、

 

相続税はかかりません。

 

 

 

 

ちなみに、

 

基礎控除額とは、

 

5000万円+法定相続人の数×1000万円という数式で

 

算出された範囲内の財産であれば、

 

相続税がかからないというものです。

 

 

 

 

 

 

なお、

 

事例を交えて説明すると

 

法定相続人数3人の時は、

 

5000万円+3×1000万円=8,000万円

 

基礎控除額となります。

 

 

 

 

 

つまり、

 

相続の財産が8000万円を超えてなければ、

 

相続税はかかりません。

 

 

 

 

 

 

なので、

 

相続登記をしたから相続税がかかるというわけではなく、

 

相続税の基礎控除を超えると相続税がかかるわけです。

 

 

 

 

 

ところで、

 

相続登記をほったらかしにするとどうなるのか?

 

 

 

 

 

年月が経てばたつほど、

 

財産を受け継ぐ権利のある相続人であったものが亡くなり 、

 

その亡くなった人には子どもが3人おり、

 

さらにその子どもの一人が亡くなっており 、

 

その亡くなった子どもには子どもが4人おり、

 

さらには、その子どもの内、一人が行方不明になったり

 

という具合になってしまいます。

 

 

 

 

余談ですが、

 

相続人調査で相続人の人数

 

私の今までの最高記録が、、、、、、、、、、、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと47人です。

 

 

 

 

 

つまり、

 

47人全員から実印と印鑑証明書と一筆

 

貰わないといけません。

 

 

 

 

 

ですが、

 

結局、実印と印鑑証明書と一筆を全員から貰えなかったので、

 

相続登記が出来ませんでした。

 

 

 

 

 

 

みなさんも容易に想像がつきますよね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人が多ければ多い程、

 

ややこしくなることを・・・。

 

 

 

 

 

 

つまり、


時が経てば経つほど、


かかわってくる人間が


いやでも増えてしまうという事です。

 

 

 

 

それに、

 

回りの人たちが色々な法律的な入れ知恵 をしたりして、

 

余計ややこしくなると言う事も理解できると思います。

 

 

 

 

 

だからこそ、

 

「相続登記はお早目に

 

というキャッチフレーズまでもが

 

出来上がっているのです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、皆さん!

 

「相続登記を放置していると間違いなく揉めます!

 

 

 

 

 

私は、「早く相続登記をしておけば良かった!

 

と後悔されている方を

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鬼の様に見てます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、、、、、、、、、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腐るほど見てます!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、

 

法律に携わるもの全員が全員

 

同じ経験をしております。

 

 

 

 

 

 

なので、

 

後の事を考えたら、


是非とも、お早目に


相続による名義変更登記をすべきです。

 

 

 

 

 

逆に、その方が


時間もかからないし

 

手間もかからないし、

 

お金もかからないし、

 

親戚間で嫌な思いをする事もありません。

 

 

 

 

 

 

法律家は職業上、

 

自分自身のリスクヘッジのため、

 

言い切る事について、二の足を踏みますが、

 

「相続登記はお早目に!」

 

というキャッチフレーズは、

 

全員が全員、言い切る事が出来ると思います!

 

 

 

 

 

なので、


何度も口を酸っぱく言いますが、


「相続による名義変更登記はお早目に!」

 

 

以上

不動産法務・不動産実務・不動産登記に特化した

不動産業界出身司法書士兼

ファイナンシャルプランナー(FP)の廣森でした。