家族信託(民事信託)、相続登記手続、遺言書作成、
新築・中古不動産売買に基づく不動産登記に力を入れております。

廣森司法書士事務所logo
吹田市の司法書士事務所 廣森司法書士事務所連絡先

〒564-0052 大阪府吹田市広芝町9-12 第11マイダビル4F
(御堂筋線・北大阪急行 江坂駅 徒歩3分)

行方不明の相続人がおるけど、どないしたらええのん?!

毎度です

不動産営業出身 大阪・吹田市の

 FP(ファイナンシャルプランナー)兼

司法書士 廣森良平です。

 

 

相続人中に

 

「行方不明」の方がいると

 

どうなうのでしょう?

 

 

 

ちなみに、

 

遺言書がなければ

 

遺産分割協議をしないとあきません!

 

 

 

 

さて、

 

遺産分割協議というものは、

 

相続人全員でしないとあきません!

 

 

 

 

そこで、

 

一部の相続人を欠いた遺産分割協議はどうなるのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ズバリ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無効です!

 

 

 

さて、ここで、

 

相続人の中に行方不明の方がいるとき、

 

相続登記等の相続手続きはどうするのでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、、、、、、、、、、、、、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とても、手続が煩雑かつ時間とお金がかかります。

 

 

 

 

具体的に言うと

 

行方不明の方の失踪宣告を家庭裁判所に申立

 

家庭裁判所で行方不明の方の不在者財産管理人選任の申立

 

をする事となります。

 

 

 

 

①の失踪宣告とは法律上、

 

失踪者を「死んだ」ものとしてみなします。

 

 

 

 

難解な言葉で言うと

 

「死亡擬制」

 

と言います。

 

 

 

 

ちなみに、

 

①の失踪宣告の申立は、

 

専門家にお願いする事となるため、

 

費用と時間が多くかかってしまいます。

 

 

 

 

そして、失踪宣告がなされると、

 

他の相続人同士が話し合いをする事になります。

 

 

 

 

次に、②の不在者財産管理人は

 

「行方不明の方の代理人として、

 

 その方の代わりに財産を管理する人の事」

 

を言います。

 

 

 

 

これも、

 

申立するのに専門家にお願いする事になるので、

 

費用と時間が多くかかってしまうのはもちろん、

 

不在者財産管理人の報酬も発生するので、

 

多くの余計な出費が伴います。

 

 

 

 

具体的に、

 

不在者財産管理人は裁判所が選任した弁護士さんがなり、

 

その弁護士が不在者の代わりに遺産分割協議に参加します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか、

 

めっちゃややこしいと思いませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに、時間とお金が普通よりもかかりそうで・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、その不具合を解消するにはどうするか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんもうお分かりですよね?!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうです!

 

 

 

 

遺言さえ書いておけば大丈夫です。

 

 

確かに、遺留分の問題もありますが、

 

行方不明の方が遺留分の権利がなければ、

 

他の相続人はなんの心配もございません!

 

 

 

いかがですか?

 

 

 

 

また、明日も

 

遺言について書いて行きます。

 

 

以上

不動産法務・不動産実務・不動産登記に特化した

不動産業界出身司法書士兼

ファイナンシャルプランナー(FP)の廣森でした。