家族信託(民事信託)、相続登記手続、遺言書作成、
新築・中古不動産売買に基づく不動産登記に力を入れております。

廣森司法書士事務所logo
吹田市の司法書士事務所 廣森司法書士事務所連絡先

〒564-0052 大阪府吹田市広芝町9-12 第11マイダビル4F
(御堂筋線・北大阪急行 江坂駅 徒歩3分)

42歳の誕生日を向えて想うこと・・・。

毎度です

 

不動産営業出身 大阪・吹田市の

FP(ファイナンシャルプランナー)兼

司法書士 廣森良平です。

 

 

 

本日は平成25年9月10日

 

私の42歳の誕生日です。

 

 

 

 

Fbで皆様からお祝いの言葉が届き、

 

大変うれしく思います。

 

 

 

 

 

みなさん!本当にありがとうございます。

 

 

 

 

 

さて、

 

去年の誕生日にもFbで

 

たくさんのお祝いの言葉が届き、

 

そのお礼の返事を書いた事を

 

昨日のように思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えええええ、、、、、、、、

 

 

あれから1年経ったん!!!!

 

 

昨日のような感じがする!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この年になると、

 

ホンマに時が経つのが早く感じます。

 

 

 

 

 

今思うと、

 

20歳の誕生日を迎えた時、

 

「やっと、大人になれたわ!」

 

「やっと、堂々とお酒とたばこが飲める」

 

「それにしても、20年経つんホンマに長かったわ~」

 

しみじみ思ったものでした。

 

 

 

 

 

そして、

 

成人から22年が経過し、

 

今思う事は、

 

「20歳から10年位しか経ってないような気がしてなりません

 

 

 

 

 

 

実際のリアルな年月は同じ20年ですが、

 

時間の経つ、体感速度は

 

その半分くらいに感じました。

 

 

 

 

 

僕と同じ世代は、

 

もしかすると同じ事を感じていると思います。

 

 

 

 

 

そこで、

 

40歳から60歳になった時

 

僕たち世代はどう思うのか・・・?

 

 

 

 

 

恐らく、

 

20歳から40歳で感じた速度の

 

さらにその半分 になるのでしょう!

 

 

 

 

 

となると、

 

還暦を迎えた時、

 

「ええええええええええ!

 

「あれから、5年位しか経ってないような気がする

 

 

と思うのでしょう!(笑)

 

 

 

そして、

 

日本の男性の平均年齢が80歳なので、

 

80歳の誕生日を迎えた時は、

 

恐らく、40歳から60歳で感じた速度の

 

またさらにその半分になるのでしょう!

 

 

 

 

 

となると、

 

80歳を迎えた時、

 

「ええええええええええ!

 

「あれから、2~3年位しか経ってないような気がする

 

と思うのでしょう!(笑)

 

 

 

 

よって、

 

死ぬまであと40年位とすると、

 

実際の年月は40年ですが、

 

時間の経つ体感速度はズバリ、

 

5年+3年=8年位に感じるのでしょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、

 

私の体感寿命は、

 

 

あと、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8年です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕と同世代の人・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゾッとしませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残りにの人生、

 

あと、8年位にしか

 

感じる事が出来ないんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、

 

このリアルの時間と体感速度の違いは

 

私の尊敬する広島の経営コンサルタント

 

板坂 裕治郎 大先生から ←(こう呼ばないと怒られる(笑))

 

教えて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

なので、

 

今日からまた改めて、

 

「ご先祖様」に感謝

 

「両親」に感謝

 

「妻」に感謝

 

「生まれてくる子ども」に感謝

 

「兄弟」に感謝

 

「親戚」に感謝

 

「友達」に感謝

 

「恩師」に感謝

 

「先輩」に感謝

 

「後輩」に感謝

 

「部下」に感謝

 

「お客様」に感謝

 

「大切な人とのご縁」に

 

心から感謝しようと誓いました。

 

 

 

 

 

理由は、

 

なんかよくわかりませんが、

 

そうしないと自分自身に絶対に、

 

バチ があたりそうな気がするのです。

 

 

 

 

 

 

そして、

 

司法書士という職業に感謝・・・。

 

FPという職業に感謝・・・。

 

 

 

 

自分の職業にも感謝しようと誓いました。

 

 

 

 

 

さて、

 

私は社会人なり、40歳になるまで

 

「稲盛和夫さん」や「松下幸之助さん」の本を

 

結構な数を読みました。

 

 

 

 

 

そして、

 

稲盛和夫さんの言葉で

 

「動機善なりや?私心なかりしか?」

 

という言葉があります。

 

 

 

 

でも、当時は、

 

正直、自分の心にはあまり響きませんでした。

 

 

 

 

 

理由は、

 

仕事=お金と思っていたため、

 

「お金さえ稼げばそれでエエやん!!」

 

と思ってたからです。

 

 

 

 

 

しかし、

 

この年になって、やっと、少しだけ

 

わかってきたような気がします・・・・・。

 

 

 

 

 

なので、私達、司法書士・FPは

 

自分の仕事を通じ、

 

「いかに自分の想い」を発信しながら、

 

「いかに社会に貢献する事が出来るのか?」

 

 

 

そして、

 

「それを後世にいかに伝えていくのか?」

 

 

 

「動機善なりや?私心なかりしか?」

 

 

職業人の一生のテーマです・・・。

 

 

 

 

最後に、お祝いの言葉

 

本当にありがとうございました。

 

 

以上

不動産法務・不動産実務・不動産登記に特化した

不動産業界出身司法書士兼

ファイナンシャルプランナー(FP)の廣森でした。